知らない人が多い。贈与税を考慮して可愛い子供に資金をスライドする方法

子供に年間多くのお金をあげようと思うと贈与税がかかってしまうんですが、贈与税に関してよく知らない方が多いと思います。

とりあえず年間110万円まであげたら掛かってくるんでしょ?

それが必ずしもそうではないんです。

あれこれ調べてみると難しい言葉も出てくるんですが、ここでは私のように素人な方のためにアンパイな方法を書いておきたいと思います。

先に書いておきますが、私は専門家ではなく、ただの投資家であり自己責任でお願いしますが、私なりに調べ実践していることを書いておきたいと思います。

広告

贈与税は年間110万円から掛かる

一般的な知識として年間110万円以上子供や孫にお金をあげると贈与税がかかってしまいます。

これは、親が子供に110万円以上お金をあげた場合に贈与税がかかるのではなく、子供が親や祖父祖母から貰ったお金のトータルが年間110万円以上になった場合、掛かってくるのです。

また、その貰ったお金を当事者(子供や孫)が認識していなければ、いくら110万円以内に収めたとしても、親が子供の通帳を使っているだけであり、親の貯蓄と判断されてしまうことがあります。

そうならないように、贈与契約書を作成し銀行振り込みで証拠を作っておく必要があります。

そうすれば当事者が贈与を知らなかったとしても、関係ない話であり、子供が幼くても合法に無税贈与が可能です。

ただし、毎年一定の額を長期間に渡り贈与した場合には、贈与税が掛かる可能性があります。

そのため、不定期なバラバラなお金を贈与することが必要でしょうか。

個人的には、贈与契約書を交わし1100,100円を銀行振り込みで贈与し110万円を差し引いた100円に対して贈与税を支払う。

これが贈与契約書と贈与税を支払っているという2重の証拠となり、アンパイな方法でしょうか。敢えて100円に対する20円の贈与税を払っておくのがミソです。

広告

年間1,000万円の贈与でも贈与税が掛かってこない

意外と勘違いされてしまいやすいのですが、子供の教育資金や上京生活資金など、その年に消費してしまう資金に関しては、贈与税は掛かりません。

あくまで、「あげてもすぐには使われない資金」に対して贈与税対象となるのであって、余剰資金でもない限りは、あまり関係ない話だったりします。

そのため、一般家庭であればあまり必要以上にあれこれ税金のことを考える必要はないのです。

私には子供がいるのですが、子供のために貯金しています。

祖父祖母からお年玉やお小遣いを貰うこともありますし、親の私からあげることもあります。

また、児童手当や保育園補助金なども子供のために貯金に回していたりします。

今回の記事とはあまり関係ない話なのですが、生まれてから中学卒業までの児童手当を満額貯めると200万円になり、高校入学金や大学入学金の足しになるので、使わずに貯めておいた方がいいですよ^^

人によっては、児童手当をそのまま資金スライドして学資保険に掛けて、ちょっとでも増やす方もいると思いますが、年利1%にも満たないので、それをするなら疑似資金運用の株主優待で増やした方が10倍お得でしょうか。

株主優待を利用した疑似資金運用方法を過去に書いています

タダで優待、無料で優待。クロス取引で株主優待をGETする方法(実践済)
クロス取引をこれからしようと思っている方、既にしている方、やる前もやった後でもいろんな疑問が湧いてくると思うんですよね。わからないから検...
貯金スピードを上げるために貯金をやめた訳
ほとんどの家庭で「貯金をしておきなさいね」と教えられて育ったかと思います。 私は、成人式を迎えるまでせっせこお年玉を貯めたり、アルバイ...
広告

マイホーム購入資金への贈与税は考えなくていい

住宅取得資金の贈与税に関する非課税資金の上限額は、毎年変わります。

わかりやすく書くと、年度によりマイホーム購入による親からの上限援助額が変わっており、

この金額までならマイホーム援助金として税金かからないよ~

と定めてあります。

500万円の年もあれば1000万円の年もあり、2016年10月からは2500万円だったりします。

年度により上限金額が変更されるため一概に言い難いのですが、一般家庭であれば住宅取得資金の贈与税は、考えなくてもいいんじゃないでしょうか。

そのため、

子供が家を買う時のために、毎年コツコツ非課税範囲内で贈与しておく

その必要はありません。

なぜなら、全国平均のマイホーム購入額は4000万円前後であり、ほとんどの方がローンを組んで購入します。

一括購入でもしない限りは、500万円1000万円頭金を入れたところで、月々2~3万円しか変わりません。

個人的に頭金を入れるよりかは、ノーリスクの運用に回した方が、10倍金銭的なメリットがあります。

住宅購入は頭金を入れずフルローンにした方がいい理由
住宅ローンに関していろいろなところで「こうするのがベスト」という記事がありますが、どの情報を信じるかはあなた次第です。 ただ私は、投資...

ただ、毎年コツコツ贈与して住宅取得資金の贈与枠も目一杯使って子供に援助したい。

例:子供20歳で家を購入する。100万円×20年+2500万円の住宅贈与金をあげる

のであれば、毎年贈与するメリットはあります。

あなたが富裕層であれば毎年きちんと贈与契約書を交わして贈与しておくメリットはありますし、税金・金利を払わないだけお金が貯まります。

ただ、そこまでして子供の家を買ってあげたいのであれば、あなたが法人で家を購入し、子供に貸し、死後子供に会社を相続させれば家は子供のモノとなるので、個人的には会社名義で買った方がいいでしょうか。

まぁ簡単な話が、内輪でお金を回しているだけなので無税で済むということでしょうか。

あまりケースバイケースという言葉を使いたくないのですけど、あなたにあった選択をしてください^^

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり
都内在住30代、1児の父。 投資家(デイトレ・大家)・スモールビジネス・節約家として生活しています。不労所得で生活費をコストゼロするのが夢であり、食べたいのに食べない節約ではなく、食べて尚且つ豊かに暮らす術を私の体験とともに皆さまのお役にたてれば幸いです。ハピタスを利用して無料で旅してます。