年間300万円以上税金を払っている私が、オススメするクレジットカードとは?

稼いだら払わなきゃいけないのが税金です。

税金払いたくないな~

あ~払いたくない

払いたくないよ~

給料や報酬を得る度にそう思うことだと思いますが、少しでも税金から還元(キャッシュバック)を得たいのなら、クレジットカード経由で支払うことです。

ここでは、私が利用している税金払い用のクレジットカードの話をしておこうと思います。

あなたが会社員であったとしても「固定資産税」「自動車税」「公共料金」は、クレジットカードで支払うことでいくらかの恩恵がありますよ^^

広告

税金の支払いはリクルートカード一択!!

税金はコンビニ代行収納(バーコード付き納付書)なのでコンビニで支払うことができるんですが、クレジット決済はできません。現金払いかマネーカードになります。

税金の支払いで恩恵を得る方法

  1. nanacoネットからnanacoカードにクレジットカード経由でチャージする
  2. そのチャージされたnanacoカードを持ち、セブンイレブンに行く
  3. レジでコンビニ代行収納とnanacoカードを出す

すると、nanacoカードにチャージした分だけ、クレジットカードのポイントが貯まります!

例:リクルートカードを使い、nanacoカードに5万円分チャージする

リクルートカードは還元率1.2%なので、600ポイント貯まります。

どのクレジットカードからチャージしても還元が得られるわけではなく、ほとんどのクレジットカードは、マネーカードにチャージしてもポイントが貯まりません。

数少ない貯まる中でも、一番還元率が良いクレジットカードが、リクルートカードなんです。

■私も使っている年会費無料のリクルートカード(還元率1.2%)

広告

10万円払ってたった600ポイントか~と思った、そこのあなた!

税金「も」払える方法を書いただけで、生活費すべての支払いをリクルートカードにまとめてしまえば、かなりの恩恵があります。

例えば

  • 食費 :30,000
  • 電気代:5,000
  • ガス代:5,000
  • 水道代:5,000
  • 通信料金(プロバイダ・携帯):10,000
  • 趣味・洋服:20,000

月間これだけの金額(計75,000円)掛かります。

年間900,000円。

これを現金ではなくクレジットカード払いにしてあれば、10,800円返ってきます。

日常的にクレジット払いを習慣化させることで、50年間で540,000円返ってきます。

どうですか?

チリツモってこういうことでして、極々少額であっても習慣化させることでリスクなしでリターンを得られます!

お会計時に「小銭を探す手間」もなければ「現金紛失するリスク」もありません。

広告

クレジットカードは面倒くさい?

クレジットカードを使いだして15年以上経ちますが、今では財布にはクレジットカードしか入ってません。

それは、日常生活の中でクレジットカードが使えないお店に行くことなんてないから!

毎日のようにネット通販やスーパーでの買い物にクレジットカードを使ってますが、この年まで1度も悪用されたことありませんよ。

たまに

知らない利用履歴がある

なんてTwitterに書いてありますけど、疑ってしまうくらいです。

そのぐらい危険な目には合っていないので、大丈夫です。

私が敢えて気を付けているのは

  • 海外でクレジット払いにしない
  • 国内の小店舗では使わない

ぐらいですかね。

今もあるのかどうかわかりませんが、昔あまり聞いたことない服屋では使わないようにしてました。決済を客がいない場所でやられたことがあるので、それ以来、有名店以外は行かなくなりましたね。何もなかったから良かったですが。。

今では、ユニクロが普段着なのでガンガン使ってますけどねwww

スーツなどは、また別の話ですよ。

広告

支出を少しでもプラスに考えるためにクレジットカードの事をよく調べている

税金は、支出です。お金を失っているんですから!(項目の話ではありません)

その支出を少しでも抑えるために、恩恵がある支払方法を探し、実践し少しでも節税(プラス)になればと思ってやっています。

良い代表例が、日本でビジネスしている外資系です。

Amazonが税金をあまり払っていないと言うのは有名な話でして、

お金を稼いでいるんだから、税金のことはいいんじゃないかな

とは思わず、少しでも手元に残すためにあれこれ考えなくてはいけません。

大企業・富裕層でさえそうしているのだから、我々庶民も税金に対して知識をつけ、やれることはやっておいた方が良いと思っています。

■私も使っている年会費無料のリクルートカード(還元率1.2%)

広告

税金をゼロにはできない

それなりに稼いでいて、真っ当な確定申告をしていれば税金ゼロにはできません

税金ゼロにするには、貯金を切り崩すような年度になるでしょうから、そこまでして税金を減らす意味はありません。

そのため、ガンガン稼ぐしかないんですね~

私も「設備投資する年」を決めているので、ガクっと税金を減らすことはできますが、それはそれで貯金が減るので良し悪しがあります。

まぁ期待値ありきの投資になりますのでリターンはありますけど、一時的に貯金が減ることには違わないですね。

広告

個人的まとめ

個人レベルがタックスヘイブンは難しいと思いますし、まずは稼ぎを大きくしてできる限りの節税方法をしてから、それでも…となったら考えればいいのだと思います。

確実にリクルートカードで税金を支払うことで節税になりますから、まだやっていない人はまずは取り掛かってみてください!

最初は面倒でしょうけど、習慣化すれば体がパパッと動くようになります^^

私も使っている年会費無料のリクルートカード(還元率1.2%)

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり
都内在住30代、1児の父。 投資家(デイトレ・投資物件保有)・スモールビジネス事業・節約家として生活しています。不労所得で生活費をコストゼロするのが夢であり、食べたいのに食べない節約ではなく、食べて尚且つ豊かに暮らす術を私の体験とともに皆さまのお役にたてれば幸いです。私が遠回りした道をストレートで駆け上がる、いいと思います!オーガニックサイト「iHerbジャポン」も運営しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)