▶▶4,000円以上で使える2,000円クーポン【じゃらん】お祭り・レストラン・マリン・温泉など

どんぶり勘定の危険性をとく

ビジネス脳

クレジットカードを利用していると、どうしても細かい支払金額まで把握できなくなってしまうことがあるんです。

大きい買い物をした金額は覚えているけど、チマチマ買った商品までは脳内計算に入れていなかったり。

それは、クレジットカードで何でも買えるがゆえに大きな行動に出てしまう危険性があるからです。

広告
広告

初心者が陥りやすい何でも買える魔法のカード

「これがあれば何でも買えるじゃん!」そう考えてしまうのはわからなくもないですが、「今、現金で買える状況にいる」ことが大事なのです。請求金額が引き落としされるのは翌月になりますが、今ある貯金で支払っても大丈夫だという状況でいることが大事であり、破綻リスクを減らせる手であります。大事なことなので2度言いました!

ましてや分割支払いやリボ払いで買っては手数料が多大に摂取され、お得に買う精神の本末転倒になってしまいます。

私は学生の頃からクレジットカードで買い物していただけに、翌月支払う予定の請求額があるだけに今月バイトを頑張らないといけないという経験もしているので、クレジットカードの間違った使い方の怖さを知っています。皆さんにはそうなって欲しくありません。

広告
広告

必ずクレジットカードを使ったら記憶に残す

脳内保管ができない人は、メモに残すなりして来月分の支払い請求額をきちんと認識しておく必要があります。どうしても、後払いという認識から「来月給料入るし何とかなるでしょ」と考えてしまうんですが、貯金がたくさんある人以外は、よ~く現在の貯金と来月の請求額の差額がプラスになっているかどうか考えておいた方がよいです。

意外と大きな買い物した時に請求額が再来月にまわるなんてこともあり、さすがに2か月後に請求がくると忘れていたと、いうこともあり大変な思いをするのでそうならないよう、よく認識しておくことをおススメします。

心配な人はスマホでマネーフォワード資金管理をすることもおススメします。

出費を知ることは節約になる!なんのこっちゃマネーフォワード(Money Forward)でお得管理
資産管理ソフトの「マネーフォワード(Money Forward)」別名:家計簿アプリです。私もマネーフォワードを...
広告
広告

私が実践している方法

一般向けではないのですが、1年間で使用できるお金を出金してそれを1年間で使っていく、という生活を送っています。ほとんどの人は収入を生活費で消費していくと思いますが、私もそうであり、すると「家賃+生活費で年間いくらぐらい使うな」というのが、わかるかと思います。

1年間でその金額だけしか使えないと思うと、どう節約・節税して残すかという意識が高まりますし、残りの稼ぎ(年収ー年間使用金額)はそのまま貯金として増えるのです。

1年間の生活費出金するだけの貯金がないよ、という方は節約・節税できることはするようにしましょう。私もそこから初めて今があります。

正しくクレジットカードを使えばお得なのは間違いありません。

クレジットカードを利用して常に0.5%~2.0%お得に買い物する癖をつける
固定費はどうやっても節約できないと思っていませんか?電気・ガス・水道・固定電話・携帯電話PHS・放送料金・新聞・...
広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ