▶▶Amazonギフト券5000円分購入で最大1,000ポイントプレゼントキャンペーン【7月17日(火)まで】

ハワイでレンタカーを借りる際に注意しておきたいこと

飛行機

海外旅行に慣れてくるとレンタカーを借りて隅々まで行ってみたくなるものです^^

現地の人しか行かない場所

バスでは行けない雑誌に載っていた穴場スポット

何回もハワイに行っているから知らない土地じゃないもんね。と思ってしまうと何かあった時に大変なことになってしまいますよ!

「外国」だからこそ最悪な結果にならないように、ここでは事前に備えておくことを書いておきます。

広告
広告

SLI保険に必ず入る

ハワイには「ダラーレンタカー」「ハーツレンタカー」「ニッポンレンタカー」などがあり、レンタカー会社により様々なプランがあります。

通常LP保険(自動車損害賠償保険)はレンタカー料金に含まれていることが多いのですが、対人・対物2万ドルとなっており裁判ドリームの海外では少なすぎる保証額です。

そのため、SLI保険(追加自動車損害賠償保険)に入っておくことをオススメします。対人・対物で100万ドルなので、まぁまぁいいのではないでしょうか。

ただ、土地柄世界中の富裕層の旅行客が集まっているため、何かあった時100万ドルで足りるのか?という心配はあります。

広告
広告

ダラーレンタカーであればらくらくプランがある

ダラーレンタカー公式サイト:ダラーレンタカー

私のような

1個1個保険を付けていくのは面倒くさい

もう勝手に安心できる保険付けといてよ

そのような方のために、ダラーであればらくらくプラン(現地払い)があります。

先程の、SLI保険はもちろんこと、自動車損害補償保険(PP)、自動車輌損害補償制度(LDW)、搭乗者傷害保険・所持品盗難保険(PPP)、対無保険者傷害保険(UMP)、返却時ガソリン補給不要 (FPO)など面倒くさいことがないようフルパックされたプランです。

あなたに万が一のことがあっても安心して帰国できるようなプランになっています。

1個1個保険を追加していくよりも、フルパックになっているプランを選んだ方が安く済むことの方が多いです。

広告
広告

クレジットカードの保険で間に合わせようと考えている人は甘い!

クレジットカードにも海外旅行保険というのがありますが、仮に対人で事故を起こしてしまった場合、とんでもないことになりますのでレンタカー会社が提供している対人・対物のプランには入っておいた方がいいとだけ言っておきます。

結局、「保険」というのは「リスク許容」でもありますので、万が一のためにお金を払いたくないって方もいるのが現実ですので、絶対しなきゃダメだとは言いませんが、たった数千円で100万ドルの保障が受けられるというのは美味しいと思います。

何もなければムダ金かもしれませんが、保険に加入しているからノビノビ運転できると思えば違うのではないでしょうか。

広告
広告

リムジンを借りるのも手

海外で運転することに対して心配性な方は、リムジンを借りるのも1つの選択肢です。

私は、借りたことがあります^^空港からの送迎という類ではなく、1日好きなところに朝から晩まであっちこっち乗せて行ってくれるプランです。

ハワイでは結構リムジンによる送迎プランがあるため、リムジンに乗っていても騒がれないので手軽に利用することが出来ます^^

ホテルからアラモアナショッピングセンターにリムジンで行く

いいじゃないですか^^

言えばハナウマの方でも全然行ってくれます。

レンタカーを借りて万が一対人事故・違反を犯してしまった場合を考えると、リムジンはとんでもなく楽です。なぜなら、「交通違反を犯してしまったので数週間後に出頭するよう言われた」というような相談者の書き込みが後を絶たないからです。

日本に戻りまたハワイに行く旅費はバカになりません!

広告
広告

個人的まとめ

なんだかんだと書きましたが、個人的には「トロリーバス」が一番楽しいと思いますね^^

ハワイの空気や匂いを感じられますし、うまく聞き取れなくても外国の方のしゃべりを音楽に過ごすこともできます。せっかくハワイに行っているのですから、のんびりとトロリーバスに乗って移動するのがいいと思います。

交通手段は迅速に!

それは日本にいる時だけで十分だと思います、はい。

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ