【4月9日9:59まで】リクルートカード発行で10,000円キャッシュバック。税金払いもポイント対象

私もこのキャンペーンを利用して、申し込みました。

リクルートカードを申し込むと、最大10,000円分のポイントが貰えます。

リクルートカードは、「税金」「公共料金」「固定資産税」「車検」などを間接的にクレジットカードで支払え、更にポイントが貯まる貴重なカードです。

税金支払いでポイントが付く代表的なカードは、楽天カードやYahoo!JAPANカードもあったのですが、改悪され迂回させなければポイントが付かなくなりました。

そんな中、リクルートカードだけは還元率1.2%のまま維持しています。

nanacoカードへのチャージポイント付与対象が上限3万円分までと定められてしまいましたが、それも2枚持ちすれば一般家庭であればカバーできます。

もちろん、マネーチャージに対してのポイント上限であり、買い物であれば通常通り付きます。

コンビニ納付書の支払いは現金で払うことが多いですが、間接的にリクルートカードで支払えます。

しかも、貯まったポイントは、Pontaカードを利用することで1P=3円相当の錬金術を行えるので大変お得なんです。

そんな絶対持っておくべき年会費無料リクルートカードのメリットをご紹介しておきます。

広告

リクルート公式サイトで最大8000円分のポイントプレゼント

リクルート公式サイトから申し込むことで、以下のようなポイントを獲得できます。

  • 新規入会:3,000円
  • 初回利用:2,000円
  • 携帯の引き落としカードに設定:3,000円

計8,000円分のポイントがキャッシュバックされます。

携帯の引き落としカードに設定し、キャッシュバックを受けた後は、他のカードに変更してもOKです。

携帯の引き落とし先に設定するとキャッシュバックを受けられるクレジットカードは多いですから、複数のクレジットカードを順番に設定していけば、それだけでポイントが貯まります。

リクルートカードは、年会費無料で還元率1.2%なため8,000円分のポイントを貯めようと思うと、66万円分の買い物をしないといけないので貰ってください。

貯めたポイントは、ポンパレ・じゃらん・HIS・ローソン・赤すぐ・JAL・ゲオ・レンタカーなどで利用できます。

私はローソンで使用していますよ。(1P=3円相当として使用可能。)

広告

ハピタスから申し込めば更に+2000ポイント貰える!

リクルート公式サイトから申し込みすると、公式サイトのキャッシュバックしか貰えません。

しかし、ハピタス会員でありハピタスサイトから申し込むと、2重キャッシュバック(ハピタス+リクルート公式サイト)を受けられます。

※ハピタス会員は、誰でも登録できますし無料利用できるキャッシュバックサイトです。

※広告費が会員に還元されるため、公式サイトから申し込むよりもキャッシュバックが大きいです。

2重キャッシュバックを受ける手順は、

手順 ハピタス リクルート公式サイト
獲得ポイント +2,000 +8,000
  1. ハピタスから「リクルートカード」と検索(または、みんなdeポイント一覧を確認)
  2. 検索結果のリクルートカードリンクから公式サイトへ飛ぶ
  3. 通常通りお申し込み
  4. キャッシュバック

総額10,000円受け取ることができます。

また、年々キャッシュバック金額が下がっているため、お得なうちに貰っておきたいところです。

2016年(総額4,000円)
2017年(総額2,000円)

貰えなくなる前に貰ってください(笑)

ハピタスでは、1pt=1円で各銀行に手数料無料で出金できます。

その他、Amazonギフト券・iTunesギフトカード・Pex・NetMileなどにも交換交換対応しているので、色々な交換方法があります。

広告

リクルート会員に紹介してもらうと+1,000円

リクルート会員の紹介から申し込むことで、公式サイトとは別にキャッシュバックが貰えます。

ただし、ハピタス経由とリクルート会員の紹介は、併用できません。

ハピタスを利用したくないという方は、以下。

新規入会特典で別途1,000ポイント(8000+1000)貰えます。(マイページでの受取操作を忘れずしてください)

個人的な意見を述べますと、ハピタスではキャッシュバックアップキャンペーンを頻繁にしており、期間限定で3,000円になることもあります。

リクルートカード流れ

お得な時期にお申込みください。

そのためには、ハピタス会員になっておくとキャンペーン内容が把握でき捗ります。

広告

個人的まとめ

リクルートカードでは、期間限定でリクルートポイントをプレゼントしていますから、お得な時期に申し込みましょう。

年会費無料のクレジットカードの中では、一番汎用性が高いカードであり、還元率も高いためオススメ致します。

税金支払いにクレジットカードを利用することで、以前は「リクルートカード」「楽天カード」でポイント付与されていたんですが、手順が簡単なのはリクルートカードだけとなっています。

そのため、最近また人気になりつつあるカードでもあります。

私もメインカードとして、税金支払いに利用していますよ。

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり(18万PV/月)
ライフキャリアを改め定年した都内在住30代、1児の父。 デイトレ・大家業・副業の欲張りセットで第二の人生挑戦中。低コストでビュッフェ・4つ星ホテル・飛行機を利用し、豊かに暮らす術をレポートしてます。ハピタスを利用した無料旅が専門。