▶▶4,000円以上で使える2,000円クーポン【じゃらん】お祭り・レストラン・マリン・温泉など

実際に電車・飛行機で使えたノートパソコン保護耐衝撃インナーケース。機内座席に収納可能サイズだよ

商品レビュー

電車や飛行機などの通勤通学にノートパソコンを保護するインナーケースが、様々なメーカーから発売されていて迷ってしまいます。

  • カバンやリュックに直接入れている人
  • ノートパソコン購入時に付属品として付いてきたケースカバーを利用している人

そのようなことをしていると、ちょっとした衝撃で故障してしまいます。

ハードケースに入れてガッチリ保護

私も経験ありますが、頑丈な分重くなるし取り出し難くなるんですよね。

軽くて手頃な価格で耐衝撃ケースが欲しい。

今回は、私が仕事で愛用しているノートパソコン保護耐衝撃インナーケースをご紹介します。

広告
広告

Tomtocの360度保護耐衝撃インナーケース

Tomtocなんてメーカー聞いたことない

私もありませんが、360度保護耐衝撃仕様のインナーケース構造は、過去実績があります。

360度保護耐衝撃とは、このような構造になっている。

ノートパソコン側面を分厚い緩衝材で多い、四隅にはゴムパッドが内蔵されている超保護仕様。

パソコングッズで有名なエレコムでさえノートパソコントップと底面をウレタンで保護しているだけで、側面はファスナーで終わらせてしまっているのに、Tomtocの耐衝撃クオリティは贅沢!

国内有名ブランドから買いたかったけど、ここまで分厚いのはこちらの商品だけです。

Amazonレビュー数が多い商品すべてが、どれも側面保護されていないものばかり。

側面から落下する可能性考えないのかね。

どう考えても、最初にどこかしらの四隅が当たるよね。

更に、ノートパソコントップと底面には、丸いウレタンフォームがかたどられ衝撃吸収の役目を担っていてプチプチ感あり。

ウレタンだけあって、耐久性・衝撃に強く毎日出し入れしてもちょっとやそっとじゃ壊れない。

旅行先でパソコン開いたら無傷なのに起動しない、なんで?そんな経験ともオサラバだぜ!

私は、12.3インチのノートパソコンに13インチのインナーケースを購入しています。

12.3インチのインナーケースサイズは、最大対応機種寸法:293 × 202 × 8.5mmとなっており、縦横はドンピシャで幅だけが2㎜足りなかったため、安全を取って13インチを購入しています。

Microsoft Surface ProやMacBook Airでなくても、サイズさえあればどんなノートパソコンでも問題ありません。

縦横に遊び(余分)スペースがあると、カバンの中で縦横揺れの原因になってしまうんじゃないかと心配してしまいますが、ポケット部分にマウスやバッテリーを収納すると圧迫され揺れなくなるので安心。

「こんなに詰めて閉まらないかも」といつも思うのだけど、閉まるんだよね不思議。

広告
広告

機内の衝撃にも耐える仕様

主に出張の際に利用しています。

用途は、

  • 空港までの電車内の揺れによる耐衝撃
  • 歩く振動によるノートパソコンへの衝撃保護
  • 空港の手荷物検査所を通過する際の揺れ
  • 飛行機内の揺れに耐えうる効果的な耐衝撃仕様インナーケースであること

これらの項目をオールクリアしている商品です。

実際に、何度もホテルまで問題なくノートパソコンを持って行けています。

ホテルに到着してノートパソコンを開いてみると起動しなかった

そのような経験あるんじゃないでしょうか?

たった1,500円でそのようなリスクを減らせるTomtocの360度保護耐衝撃インナーケース、コイツはコスパ高いです。

ちなみに、この製品の類似商品が販売されていますが、側面の緩衝材が薄く360度保護ではないため、オススメしないよ。

そのため現状類似商品がない状態ですから、人気商品で品薄状態でここ最近売り切れています。

広告
広告

飛行機内の座席に収納可能

このような条件の下、収納可能でした。

  • 飛行機:ANA
  • 身長:180cm
  • ノートパソコンサイズ:13インチ
  • インナーケースにマウス・バッテリー入れている状態

前の座席の収納スペース(雑誌が入っている場所)に収めることができました。

足も伸ばせるため、バレーボール選手でもなければ大丈夫です。

たまに、座席下に荷物をこれでもかと詰めている人いるけど、いくらなんでも迷惑でしょ。

ファスナーを開けて、そのまま取り出せます。

個人的に機内の座席スペースに収まるのは、評価高いです。

使用後しまえず手持無沙汰になり、仕方なく座席下や収納棚に戻す。

そのような面倒なことせず、サッと出せて仕舞えるのは使い勝手も良い。

フェルト素材のケースのように薄くはないからかさばるけど、何のためにケースに収納しているのか考えてください。

キズを付けたくないのでしたら保護シールもありますし、「落下」「衝撃」「満員電車の圧迫」などから守りたいのでしたら、効果ある商品です。

撥水効果もありますから、飲み物をこぼしてしまったり雨が降ってきても、サッと拭けば大丈夫です。

海外格安航空に乗ると、スーツケースばんばん投げられますから、海外旅行へ行かれる方は手荷物でもこのような耐衝撃のあるインナーケースに入れて持ち運ぶことをオススメします。

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ