中堅投資家による子供への投資思考

人は皆、成人し独り立ちし、愛すべき人を見つけ、家庭を持ち、子供が生まれるという、生命として何億年前からも続いていることなんですが、子供への投資を怠ってはいけないと考えます。

子供は自分の分身ともいいますしね。

それだけよく見られているし、生活を共にしていれば似てくるのは確かです。

でも、あなたがスーパーマンでもない限り欠点がない人なんてのはいないと思ってますので、欠点も含めて良い人生を導いてあげる義務が、親にはあると思っています。

広告

人生は無限大という教育

親からすると子供のすることに口をはさんで「失敗しないように」導こうとしますが、子供にとっては「失敗も大切な経験」なのです。

事故などの身に危険が及ばないことに関しては、見守っていてあげることで、その子が自由な発想の元に考え・遊び・勉強する力が養います。そして、「人生は素晴らしいものだよ!」「何にだってなれるよ!」と教えてあげることが大事だと考えます。

私は、そのような環境ではなかったからこそ、今子育てをしていてそのように考えています。自分がやってきてない事を子供に無理強いする、それは必ずしも良い選択とは言えないでしょう。なぜなら、自分が経験をしていないので子供の気持ちがわからないじゃないですか。もちろん、親の気持ちもわかりますが、当事者がどう感じるかが重要です。

勉強なんて出来なくてもいいと私は思います。親として子供が幸せに生きてくれるならそれで構わないのです。そのために親が子供へしてやれることは、子供が幸せになる後押しと子供への遺産の用意でしょう。

広告

子供は何にだってなれる

何にだってなれる可能性があります。未来がある。この地球をもっとよりよい方向にもっていける可能性もあります。

そういう未来ある子供達へ投資してあげるのが親としての努めであり、選択肢の幅を広げてあげられます。そういう意味でふるさと納税もしています。すべて「次世代に使ってほしい」と伝えています。今いるジジババに使う?そんな未来に繋がらないことしてどうするんですか。

「何だってなれるよ!」「世界は広いよ、日本だけじゃないよ!」

いろんな国を見て、いろんな人と言葉を交わして人生を豊かに過ごしてほしいと思います。できることなら人生の大半を会社で過ごすなんてことをしないでほしいと思います。会社員生活をただ「お金のため」に働いているんだとしたら、親として遺産を残してあげることでその束縛から解放させてあげたいと考えます。

広告

自分が嫌だったことを子供にさせない

私は、会社員生活が苦痛でした。新入社員の頃は1時間半かけて会社に通ってましたし、毎日出勤した時点で体力ゲージが真っ赤っ赤です。始まってもいないのに疲れてるってこれいかに!と毎日悶々と過ごしていて、この生活が40年続くのかよと思ったら本当に人生を見失いそうになりました。

自分の子供には、こんな生活を送らせたくないので、都心のど真ん中に住むとか自分で仕事を作るとか、親としてできることはしといてあげたいと考えています。

究極論を言うと、お金があれば働きはしないと思います。何かしらするでしょうが、週5日通勤片道1時間半9時17時残業20時間の生活はまず送りませんね。

広告

自分より子供へ投資する(金銭的に)

20代というのはオシャレに敏感な年頃だと思うんですが、私もその1人でした。でも、今では自分の服を買うのであれば子供服を買ってあげています。なぜなら、冬なら寒くないかなと思いますし、学校へ通っているのであればヨレヨレの服では可哀想じゃないですか。

私ならヨレヨレでも気にしないし自宅で仕事しているので、1年中夏の格好してますが、子供は多感ですし自分の信念というものがまだない年頃なのでストレスを溜めこませるのは可哀想だと感じます。私の信念は「豊かな人生を送る」ですので、それに到達できるなら我慢できます。正直、我慢という生活は送ってはいないんですけどね。例としてね。

広告

子供の笑顔が見れるなら親は苦労しても構わない

結構そういう考えの人いるんじゃないでしょうか?

私もそうです。昔は「自分大事人間」でしたが、年齢と共に考えは180度変わります。子供より自分を優先させるほどのことがあるのか?という疑問に、ベストな回答はないでしょう。

子供に「お父さん帰り遅いね~」と言われれば、効率化して定時で帰る努力をしないといけません。だって、心配してくれるのは正直15歳ぐらいまでですよ。早ければ18歳には家を出てしまうかもしれません。それまではなるべく一緒の時間を過ごしたいじゃないですか。家族なんだもの。

家族と暮らせる時間はプライスレスです。会社は会社でしかありません。一生面倒見てくれるわけではありません。家族なら万が一があっても協力できますからね^^

広告

子供へ投資することは、家族全体をよりよい方向へ導く

自分だけに投資しても、あなたの世代で終わりです。それを子へ伝えなくては、子や孫が苦労する人生が続き、あなたの家系は今まで通り人生を仕事に費やすことになります。

そうではなく自分が学んだことを子供へ伝えることで、自分の分身を作り早い段階から分身化させることで、子供の人生が豊かになる確率が高まると考えていますが、この考えは成功者である必要があります。そうでもなくただの一般人なのにやってしまっては、ただの憶測を伝えているに過ぎず価値のない行動になってしまうかもしれないですね。

最後に

子供に幸せになって欲しいと願わない親なんていないと思います。

親として知識をつけなくては子供を正しく導けないと思うので、よく勉強することが大事だと思います。私も人生を豊かにするために勉強時間を1日の中で結構割いています。時間さえあれば夕飯もサクっと食べて勉強してますが、子供を育てるという義務があるのであまり遊んでいられません。

ネガティブに考えれば「しょうがない

ポジティブに考えれば「いてくれてありがとう

です。

これから楽しいことや辛いことも経験するんだと思いますが、それはそれで楽しいんだと思います。自分1人では決して出来ないことですからね^^

皆さんも色々思い当たるところがあるでしょうが、豊かな人生を送るために頑張りましょう!

子供のためと思えば「しゃーねーな」と思いますよね^^

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり
都内在住30代、1児の父。 投資家(デイトレ・大家)・スモールビジネス・節約家として生活しています。不労所得で生活費をコストゼロするのが夢であり、食べたいのに食べない節約ではなく、食べて尚且つ豊かに暮らす術を私の体験とともに皆さまのお役にたてれば幸いです。ハピタスを利用して無料で旅してます。