提携カードでも利用上限枠をプラチナカード並みに増やせる

公式VISA・JCB・アメックスを利用している人は、上限枠が大きいから使っているという人もいると思うんですよね。

私も最初は見栄を張るために持っていましたが、終盤では上限枠の大きさで保持していました。ですが、最終的に解約して還元率の良い提携カードに移行しています。

同じように、上限枠の大きさで保持している方に、読んでほしいと思います。

広告

提携カードでも利用上限枠は100万円以上

日常利用では、月100万円使うことはないかと思いますが、提携カードでも利用上限枠は100万円に設定することができます。

「利用上限枠が100万円程度では、旅行に行った時に足りないかも」

そのように考える場面、あると思います。

ここで「一時的に利用限度額を上げることができるよ」という書き方もできますが、はたして毎回その作業をしろと言うのでしょうか?ここではそんなありきたりな一時的解決方法ではなく、根本的解決方法を書きたいと思います。

広告

提携カードでも利用限度額はプラチナ並み

リクルートカードプラス_上限枠

私は、リクルートカードプラスをメインカードとして使っていますが、利用上限枠は300万円です。

しかも、手続きをすればこの上限枠を更に増やすことができると思います。今のところ必要ないからしていませんけど。

私は、リクルートカードプラスを持った当初「なんだ上限枠広げられるじゃん!公式カードと変わらないじゃん」と思ったわけです。

そうすると考え出すのが、年会費と還元率と特典なのですが、公式カードは年会費が高く還元率も雀の涙ほど。特典も空港系は厚いですが、そもそも年間そんなに利用しない。そう考えると提携カードでいいじゃん、と思うまで時間はかかりませんでしたね^^

私が還元率2.0%~6.0%のリクルートカードプラスを使い続ける理由、それは簡単だから
リクルートカードプラスとは、リクルートが発行しているクレジットカードなんですが、厳密には年会費無料の還元率1.2%リクルートカードと年会...
広告

個人的まとめ

上限枠の関係で保持していた人は、この機会に提携カードを検討してみてください。

ゴールドカード・ブラックカードで見栄を張るのもいいですが、それは本当にお金持ちになってから持っても遅くないのかなと個人的には思います。

私も持っているリクルートカードプラスでは、還元率2%で年会費2,160円。上限枠も300万円で旅行傷害保険・ショッピング保険だってもちろんついています。日常生活送る中ではコスパ最強カードだと思います。

少しでもお得に節約してお金を残して賢く生きて、老後に困らないようにしておくのが最終的に笑顔になれるような気がします。

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり
都内在住30代、1児の父。 投資家(デイトレ・大家)・スモールビジネス・節約家として生活しています。不労所得で生活費をコストゼロするのが夢であり、食べたいのに食べない節約ではなく、食べて尚且つ豊かに暮らす術を私の体験とともに皆さまのお役にたてれば幸いです。ハピタスを利用して無料で旅してます。