【2018年4月16日から】リクルートカードの税金払いに対するポイント付与、上限月3万円まで

今までは、リクルートカードからnanacoカードへチャージして、そのnanacoカードで税金を支払うことで、間接的に税金の支払いでクレカの還元率分ポイントを得ることができました。

nanacoカードへチャージした時に、クレカのポイントが貯まるのだね。

そのポイント対象が、2018年4月16日から、上限月3万円までとなります。

つまり、月に5万10万支払っても3万円分までしかポイントが付与されない。

もちろん、普通の買い物では上限なく付きますが、電子マネーチャージ分に上限を定められた形。

既にリクルートカードプラスでは、nanacoカードへのチャージはポイント対象外となっていましたから、一般リクルートカードもいつか改悪されるとは思ってました。

そこで、これからの税金支払いをコスパ良く行うための秘訣を書いておきたいと思います。

広告

税金をコンビニで支払う

税金支払いの納付書にバーコードが表示されていれば、基本コンビニで支払うことが可能です。

主な税金関係

  • 国民年金保険料
  • 国民健康保険
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 公共料金
  • 住民税
  • 所得税
  • 保育料
  • 医療介護保険

支払い手順

  1. クレジットカードからnanacoカードへマネーチャージ
  2. チャージしたnanacoカードを持ってコンビニへ行く
  3. コンビニのレジで納付書を出して、nanacoカードで払う

でも可能な限り、クレジットカード引き落としにできるものは手続きしてください。

国民年金は、2017年4月からクレジットカードによる前納が可能となりましたから、区役所へ行って手続きしてください。「6か月前納」「1年前納」「2年前納」があります。

その際、本人確認(免許証)とクレジットカードと印鑑(シャチハタ可)が必要となります。

日本年金機構のサイトからクレカ納付申出書をダウンロードして郵送で送ることも可能ですが、切手代は自腹ですし、直に行った方が書く書類少なくて大変楽です。実際、私がそうでした。

前納を利用することで、若干保険料が安くなります。

割引き額
6か月前納 1,000円
1年前納 4,000円
2年前納 15,000円

更に支払額に対して、クレジットカード還元率分ポイントが付与されます。

私は、1年前納を利用し、還元率2%のリクルートカードプラスを引落先にしています。

記事を書いている時点で、まだ明細に挙がってきていないので去年分を出しますと

199,080円×2%=約4,000円 のポイントが貯まります。

前納割引4,000円+4,000ポイント=8,000円分お得になります。

現在、還元率2%のリクルートカードプラスへの新規お申込は終了してしまいましたから、次にお得なのが、

  1. 還元率1.2%:リクルートカード
  2. 還元率1.0%:Yahoo!JAPANカード
  3. 還元率1.0%:NTTグループカードレギュラー
  4. 還元率1.0%:楽天カード

どれも年会費無料です。

私がオススメするのは、用途を選ばないリクルートカードですが、高額キャッシュバックキャンペーンを開催しているのは、2.4です。

公式サイトから申し込みすると、公式サイトのキャッシュバックしか貰えません。

しかし、ハピタス会員でありハピタスサイトから申し込むと、2重キャッシュバック(ハピタス+公式サイト)を受けられます。

※ハピタス会員は、誰でも登録できますし無料利用できるキャッシュバックサイトです。

※広告費が会員に還元されるため、公式サイトから申し込むよりもキャッシュバックが大きいです。

広告

税金払いでもポイント付与対象クレジットカード

クレジットカード引き落としに対応している税金関係は、クレカ引落に設定してください。

理由は簡単、nanacoカード経由の支払いを少しでも減らすためです。

2018年4月16日から、リクルートカードからのマネーチャージは上限3万円までしかポイント対象にならないと改悪されてしまったため、今後はこのような形となります。

また、nanacoカードへチャージする際、どのクレジットカードからでもポイントが付く訳ではないので、付く高還元率の年会費無料クレカをここで書いておきます。

還元率 nanacoチャージ還元率 クレジットカード ブランド ポイント対象上限
1.2% 1.2% リクルートカード JCB・VISA 月3万円まで
1.0% 0.5%(裏技で1.0%) Yahoo!JAPANカード JCB 制限なし
1.0% 1.0% NTTグループカードレギュラー VISA 制限なし
1.0% 0%(裏技で1.0%) 楽天カード JCB 制限なし

税金の支払額が、年間36万円以上ある方は、「Yahoo!JAPANカード」「NTTグループカードレギュラー」を作る必要が出てきます。

▼例えば、毎年50万円分の税金を支払っている

  • 50万円×1.0%=5,000円

50年続ければ25万円になりますから、少しでもお得に支払ってください!

2016年2017年2018年とクレジットカード業界の移り変わりが激しいのですけど、その時代にあったお得な方法の波に乗っていたいものですね。

年会費無料のYahoo!JAPANカードを作って21,015円貰っちゃおう
※過去最高キャッシュバック額は、ソフトバンクホークス優勝キャンペーン21,111円です。 いろんな年会費無料のクレジットカードを作って...
広告

楽天カードからnanacoカードへのチャージは、ポイント対象外

実は、このような改悪がされました。

  • 楽天カード:2017年11月からnanacoカードへのチャージ還元率0%に変更
  • Yahoo!JAPANカード:2018年3月からnanacoカードへのチャージ還元率0.5%に変更

しかし、それをポイント対象にする方法があります。

  • 旧:楽天カード(または、Yahoo)⇒nanacoカード

だったのを

  • 新:楽天カード(または、Yahoo)⇒ANA JCBプリペイドカード⇒nanacoカード

ANA JCBプリペイドカードへチャージして、更にそれをチャージし直せばいいだけ。

これでポイント付与になる。

いつこの方法が閉鎖されるかわかりませんが、可能なうちに利用してください。

ただ、手間暇を考えれば現状nanacoカードへ直接チャージできる「リクルートカード」「NTTグループカードレギュラー」が楽だと思います。

夫婦でリクルートカード2枚持ちで支払うのもありです。

その際は、ハピタスから申し込めばキャッシュバックだけで数万円貰えますから、オススメです。

税金支払いでポイントが付く年会費無料還元率No1のリクルートカード発行で10,000円キャッシュバック
私もこのキャンペーンを利用して、申し込みました。 リクルートカードを申し込むと、最大10,000円分のポイントが貰えます。 リクルー...
広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり(21万PV/月)
ライフキャリアを改め定年した都内在住30代、1児の父。 デイトレ・大家業・副業の欲張りセットで第二の人生挑戦中。低コストでビュッフェ・4つ星ホテル・飛行機を利用し、豊かに暮らす術をレポートしてます。ハピタスを利用した無料旅が専門。