節約意識を持った結果、見栄を張るのをやめJCBゴールド ザ・プレミアもやめた。どうせ見栄を張るなら飛行機でビジネスクラスに乗ろう

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールドカードを利用していて、ある一定条件をクリアするとインビテーションが届く、それが「JCBゴールド ザ・プレミア」であり、インビテーションでしか持てないのが「JCBゴールド ザ・プレミア」でもあるんですが、一般庶民にはコスパ悪いんです。

クレジットカードはコスパで選ぶものじゃない

私もわかってますよ。

でも、どれだけコスパ悪いのか知っておいてほしいんです。

インビテーション条件

「JCBゴールド ザ・プレミア」はJCBが定める次の条件を満たし、JCBからご招待した方だけにご提供するORIGINALシリーズ対象の「JCBゴールド」のオプションサービスです。

1. JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピングご利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上の方。

2. 本会員の方が会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」に受信可能なEメールアドレスを登録していること(毎年1月末日まで)。

引用:JCBゴールド ザ・プレミアサイト

広告

コスパを検討する

「JCBゴールド ザ・プレミア」会員になると得られること。

  • 年会費10,000円
  • JCBゴールド ザ・プレミアのサービス年会費5,000円(年間利用料100万円以上で無料)
  • プライオリティ・パス無料
  • JCBプレミアムステイプラン(JCBゴールド ザ・プレミア会員限定の宿泊プラン)
  • JCB Lounge 京都(京都駅ビル内にJCBゴールド ザ・プレミア会員が利用できるラウンジがある)
  • 毎月月刊THE GOLDが無料で届く
  • クレジットカードがブラック色になる(厳密にはブラックとゴールドの縞模様)

「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーションを受けるには、年間利用料100万円以上が必須です。

ゴールドからプレミアにランクアップしても年間使用料100万円以上なのであれば、年会費10,000円だけで済みますけど、そうでなければ10,000円+5,000円で年15,000円かかります。

また、一般的にはプライオリティ・パスだけを取得しようと思うと年会費99ドル掛かるんですが、それを考えるとお得感がある。ただし飛行機に乗る回数が多ければの話。

JCBプレミアムステイプランは、じゃらんの方がお得に泊まれるのを考えると必要性を感じない。

また京都に至っては年1回すらも訪れないのでこちらも必要性を感じられず。

広告

一時の見栄を張るだけにしてはコスパが悪すぎる

年会費10,000円かかるわりに還元率は0.5%。

飛行機にだって乗る機会は少ないのでプライオリティ・パス無料の恩恵がないに等しい。

宿泊はじゃらんの方が安いしお得で、都内在住なので京都と限定されてしまうと滅多に行かない。

月刊THE GOLDが届くのは嬉しいけど、いらないっちゃいらない。内容的には立ち読みで十分なもの。

広告

徹底的に意識改革を行った

私がコスパまで把握していなかった会社員の頃、部下がいたというのもあり「見栄を張る」ことも大切だと考えていたので、年会費が高かったとしても

お~すごい

この役職になるとこれぐらい稼げる、これぐらい持てるのか~

という、上司としてこれも「必要なこと」と考えていたので高い年会費を払い保有してたんですけど、「見栄を張る部分を間違えてないかね?」と感じ始めたのです。

なぜなら、どう頑張っても一般企業の会社員でしかないのは紛れもない事実なので、

どうだ~すげーだろ、ふふん

というのは、おかしくないですか?

いや、誰がどう見ても頑張っちゃってる人にしか見えないでしょ。

つまりは庶民が庶民さを隠すために色々取り繕っていると思うと空しくも思ったわけです。

広告

庶民を受け入れてどうするか?

今できる節税・節約を行い、明るい未来のために「今は」コスパを重視した生活を送ることが大事だと感じています。

見栄を張るって一時的に気持ちのいいことなのですが、その代償として金額としてはお得とは言えないことの方が多いんですよね。

▼例えば、ホテルでの食事や個室の懐石。

それらは、その空間も料金に含まれていますから満足感は得られるんですが金額も値が張ります。

そうではなく無駄を省いて節約することで一時の優越感を得るよりも具体的な満足感を得られます。

▼例えばレストランに食事に行き2人で10,000円の支払いがあった。

JCBカードでは、還元率0.5%なので50円分のポイントが付く。

逆に還元率1.0%のクレジットカードを使っていれば100円分付く。

これから死ぬまで何かしらの支払いが続きます。

それを少しでもコスパの良い還元率の良いクレジットカードにしていれば、それだけ返りも大きくなります。

検索でこの記事に辿り着いたということは、クレジットカードに対して色々感じている部分があるんだと思います。

是非、有益な情報として持ち帰ってください。

広告

私は、皆がハッピーになるリクルートカードを選んだ!

ザ・プレミアを持ち続けて「ドヤ~」をすることだってできましたし、ザ・クラスのインビテーションも貰っていたんですけど、解約しています。

見栄って一時的じゃないですか?

お会計の時だけなので、時間にして数分です。

それだったらコスパ良いリクルートカード持った方がいいわ

ということで、私のメインカードはリクルートカードです。

税金(車検・固定資産税・国民年金etc)を払ってもポイントが貯まるのでお得ですよ^^

他のクレジットカードでは、支払いはできるけどポイント対象外ですからね。

また、クレジットカードを作るならハピタス経由がオススメです。

公式サイトのキャッシュバックキャンペーンとハピタスからのキャッシュバック、2重で貰えるのでお得ですから^^

▼例:リクルートカードを作る

公式サイト 7,000円
ハピタス 4,000円

公式サイトで直接申し込めば7,000円しか貰えないですが、ハピタスから申し込めば別途4,000pt=4,000円貰えますので、計11,000円となり大変お得です。

実際に私も2重で貰っていますから。

また、リクルートカードに限らずクレジットカード・証券会社などは網羅されていて、この2重取りは有効ですので、会員登録しておくといいでしょう。

また、ハピタスでは100pt=ANA90マイルに交換できるので、この錬金術を使えば格安でビジネスクラスに乗れますよ^^

クレジットカード作ったりすれば6,000pt=ANA5,400マイル貰えますからね。

私はこの方法を利用して毎年タダで家族旅行いってますけど、意外と知られていないんですよね~

2016年は、家族で沖縄旅行に行ってきました

【家族】2泊3日沖縄サザンビーチホテル&リゾートに飛行機+ホテル代=無料で上級客室に泊まってきたのでレビュー
家族で沖縄旅行に行ってきて、飛行機+ホテル代=無料で泊まってきたのでレビューしたいと思います^^ マイルを利用し1人分だけを無料で旅行...

15万マイルあればファーストクラスでアメリカに行けるんですが、この方法を利用すればタダで15万マイル貯められますし、200万円するファーストクラスに15万マイルで乗れるのでお得感があります。

賢い方は気付いたかもしれませんが、ハピタスで開催されている100%還元商品を購入しハピタスポイントに間接的にお金をチャージすることで、お金⇒ハピタスポイント⇒ANAマイル9割という錬金術が行えるので、ANAの航空チケットがLCC並みの価格で手に入ります^^

年会費が高いクレジットカードを持って優越感に浸るよりも、ビジネスクラス・ファーストクラスにタダで乗った方が楽しいと私は思いますし、お得に生きてください。

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり
都内在住30代、1児の父。 投資家(デイトレ・投資物件保有)・スモールビジネス事業・節約家として生活しています。不労所得で生活費をコストゼロするのが夢であり、食べたいのに食べない節約ではなく、食べて尚且つ豊かに暮らす術を私の体験とともに皆さまのお役にたてれば幸いです。私が遠回りした道をストレートで駆け上がる、いいと思います!オーガニックサイト「iHerbジャポン」も運営しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)