箱根ホテル前にある「雲助だんご本舗」で食べてきた!箱根関所前の箱根名物店

商品レビュー

箱根ホテル前に団子で有名な「雲助だんご本舗」があります。

箱根旅行するにあたり、雲助だんご目的で行かれる方も多いのだと思っています。

江戸時代に、山を越える旅人や荷物を運ぶ駕篭屋(かごや)が食べたであろう味を再現したのが、雲助だんご本舗。

新潟県産コシヒカリを使用し、店内で焚き丸め、甘みのある団子となる。

あんこは北海道産小豆100%使用し、醤油だれは国産丸大豆100%を使っている。

しかも観光地なのに1本100円以下!

そんな一癖も二癖もある箱根名物雲助だんごを食べてきました。

広告
広告

雲助だんご本舗の場所はどこ?

箱根芦ノ湖近辺では無料巡回バスが走っており、箱根関所旅物語館で降り徒歩2分、距離にして150mです。

また、車で行く際は、近くに無料駐車場が点在していますから、停めるのに苦労はしないでしょう。

箱根関所旅物語館に停めて歩いてもOK。

広告
広告

雲助だんご本舗のセットメニュー(お土産も販売)

店舗で食事することもできますし、持ち帰ることもできます。

自宅でも店頭でも変わらぬ美味しさを味わえます。

以下、店内で食べられるメニューです。

メニュー

  • 栗入白玉あんみつ:950円
  • 白玉あんみつ:842円
  • あんみつ:745円
  • 栗三昧:842円
  • 栗入白玉お汁粉:739円
  • 白玉お汁粉:669円
  • 雲助セット季節あん:464円
  • 雲助セット黒ごまきなこ:464円
  • 雲助セット黒ごまあん:464円
  • 雲助セットみたらし:464円
  • 雲助セットあんこ:464円

このような変わり種もあります。

メニュー

  • 雨具
  • 雲助セット:430円
  • 雲助だんご:710円
  • 白玉しるこ:620円
  • 栗入白玉しるこ:685円
  • 栗せんざい:780円

私はここへ来ると必ず「雲助セット」を食べることにしています。

広告
広告

雲助セット(あんこ)は、他で味わえない程良い甘さが絶品!

辛いお団子のチョイスがセオリーですが、雲助だんごはあんここそ食べてほしい。

店内に紅葉を取り入れ、秋らしさを感じさせる茶屋風景。

レジで食べたいセットを頼み料金を支払い、商品を受け取ったら、座敷・縁台好きな場所で食べるセルフ式。

ちょっと意外ではないでしょうか?

靴を脱ぎ座敷で食べることにします。

雲助セット430円(あんこ)

あんこ2串、十勝羊羹1切れ、しば漬け、お茶、計430円のお得な折敷セット。

あんこ盛り盛りなのだけど、これが程良い甘さでお茶と抜群に合い、茶のわかる日本人に生まれてきて良かったと思える瞬間です。

こしあんより柔らかく、ソフトクリームよりザラザラしている、そんな舌触り。

記憶が定かではないんですが、数年前に利用した時は、あんこの盛り方が違ったような気がしてます。3波ではなく、スーッと1波だったような。

十勝羊羹も団子と装飾ない美味しさで、この甘さを堪能していたかったのでしば漬けは遠慮しました。

個人的には、みたらし・あんこ・栗の3本セットがあると最高なんだけどなぁ^^

あんこ&あんこの最後に羊羹(あん)、甘いの3つはくどい気もする。

まぁ、文句言いつつ食べれちゃうんだけどね(笑)

みたらしセットなら、みたらし2本+羊羹(あん)になるから、そちらの方が楽しみやすいかな。

広告
広告

お土産に黒ごまきなこ持ち帰り

黒ごまきなこ8本 710円

黒ごまきなこをお土産に買って帰りました。

団子8本に対して、黒ごまきなこがこれでもかと入っています。

4本入りで良かったのだけど、なぜか黒ごまきなこだけ4本セット置いてなかったんだ。

賞味期限は、購入日の翌々日まで。

1/5振り掛けた図

1/5振り掛けて、もう一杯です。

これ以上振り掛けても無駄ですし、余らしても無駄になる。

やっぱ、あんこの方が美味しいなぁ

なんて思いつつ、残りのきなこの使い道に悩んでしまうのです。

きなこは目で楽しむ団子であって、味は見劣りしてしまうかな。

強烈に甘いわけでもないし、どうあがいても「きなこ」なんです。

季節関係なく雲助だんごは営業しており、江戸を懐かしめる茶屋で団子堪能する贅沢なひと時。

このような体験できるのも関所近くだからでしょうか。

箱根へ行くと、なるべく雲助だんごへは足を運ぶようにしています。

仮に雲助へ行かないとしたら、どらやきにバターが入っている「小田急うさぎ」で満足している時ぐらい^^

どちらも私のオススメです。

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ