▶▶この方法で品川プリンスホテル5000円で泊まれました(大人2名分)

東京タワー近く「オールドシティグリルハウス」の口コミレビュー!

観光・ホテル

東京タワー近くには、有名なレストランが点在しています。

「夜景が見えるレストラン」や「東京タワーが見えるレストラン」。

「ドレスコード必須のレストラン」から「東京タワー内にあるフードコート」まで、食べるところには困らないほどレストランがあるんですが、プライベートでよく利用しているのが「オールドシティグリルハウス」。

オールドシティグリルハウスの特徴が

  1. 牛も豚もステーキが旨い!
  2. 安いのにスープとサラダとライスが付いてくる
  3. 芝パークホテル内にあるレストランで、接客が神!
  4. 内装は西部アメリカンスタイル
  5. 開店したばかりで店内綺麗

観光地ですからお客さんは多国籍で溢れかえっていますが、レストランは最高です!

プライベートでお気に入りなため、あまり紹介したくなかったのですけど、比較的新しいレストランで、皆には綺麗なうちに体験してほしいので紹介することにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オールドシティグリルハウス

オールドシティグリルハウスは、東京タワーから徒歩11分の芝パークホテル1階にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクセス

東京タワーから徒歩11分、浜松町駅から徒歩8分、大門駅から徒歩4分、御成門駅から徒歩2分とアクセスの良い場所にあります。

芝パークホテル1階にあるレストランですが、比較的空いています。

徒歩の場合

浜松町駅から東京タワーを目印に道なりに歩いていくと、増上寺の前に芝大門の十字交差点がありますから、右に曲がります。

↑この写真の通りを右折します。

150mほど進むと、オールドシティグリルハウスに到着です。

入口

道なりにある正面入口と

芝パークホテルの中からの入口の計2ヵ所から入れます。

メニューをじっくり見たい時は、正面入口(道路側)だとドア2つ隔てているため、スタッフと距離があるので、ゆっくりメニュー見てられます。

オールドシティグリルハウスで使えるクーポン

オールドシティグリルハウスで食事する際は、毎回じゃらんのクーポン使って予約してます。

予約は、じゃらん遊び体験にある「芝パークホテル」からできます。

クーポンは、じゃらん遊び・体験予約で使えるクーポンまとめにあるのを使うと、2500円引きになります。

【2019年9月】じゃらん遊び・体験予約で使えるクーポンまとめ
じゃらんクーポン特集ページ宿ホテルじゃらんパック遊び体験レンタカーじゃらん 遊び・体...

※芝パークホテルのレストラン=オールドシティグリルハウスです。

レストランの環境

ディナータイムになるとテーブルクロスが敷かれ、カジュアルドレスコードが必要そうな様変わりしますが、朝食・ランチタイムは、入店しやすいです。

男性はセーター、女性はワンピースぐらいのカジュアルコーデでも大丈夫です。

エッグ型チェアーで静かに食事堪能できます^^

オールドシティグリルハウスの食レポ&口コミレビュー

芝パークホテル入口

日によってメニューが変わります。

週替わりメニュー1,600円(お肉料理or魚料理、パンorライス、スープ、サラダ)

過去にあったメニューがこちら

  • とり骨付もも肉煮込み 黒オリーブとトマトソースor鯛ポワレ 大葉風味のクリームソース
  • 豚肩ロースソテー チーズマスタードソースorメカジキグリル ケッカソースとジェノベーゼ
  • 牛ロースグリル 和風ソースorスズキのアクアパッツア
  • 鶏もも肉グリエ ハニーマスタードソースorサーモンのポワレ 白ワインソース
  • 豚ロースのグリエ エストラゴンソースor鯛のマリニエール
  • 仔羊肩肉の煮込みorメカジキのグリル バルサミコソース

平日ランチメニュー

※頼んだ商品を太字表示

(パンorライス付き)

  • 黒毛和牛和牛ハンバーグステーキ ¥1,600 (1,900円)
  • 香川オリーブ牛サーロインステーキ ¥4,000 (4,752円)
  • USリブロースステーキ  ¥2,500 (2,970円)
  • 国産若鶏グリル(モモ骨付き)  ¥1,600 (1,900円)
  • ハニーポークグリル  ¥1,600 (1,900円)
  • アトランティックサーモングリル  ¥1,600 (1,900円)
  • 黒毛和牛シチューハンバーグ ¥1,800 (2,138円)
  • 国産牛ステーキ丼  ¥1,800 (2,138円)
  • 週替わり 本日のお魚   ¥1,600 (1,900円)
  • 週替わり 本日のお肉   ¥1600 (1,900円)

(パンorライスなし)

  • 黒毛和牛クラシックハンバーガー ¥1,600 (1,900円)
  • 黒毛和牛ビーフカツサンド ¥2,200 (2,613円)
  • BLTサンドイッチ ¥1,600 (1,900円)
  • ジャンバラヤ ¥1,300 (1,544円)
  • 週替わりスパゲッティ ¥1,100 (1,306円)
  • スパゲッティ カルボナーラ ¥1,100 (1,306円)
  • スパゲッティ ボロネーゼ   ¥1,100 (1,306円)
  • 和牛ビーフカレー ¥1,300 (1,544円)
  • ケイジャンガンボ ¥1,300 (1,544円)

※カッコ内は、スープ&グリーンサラダ付き価格

  • シーザーサラダ  ¥800 (950円)
  • チョップドサラダ  ¥600 (712円)
  • シーフードサラダ  ¥1,200(1,425円)

USリブアイステーキ2,500円

USリブアイステーキ2,500円(他にスープ・サラダ・ライスまたはパンが付く)

ホテル仕様のクオリティーをリーズナブルな価格で食べられる。

一般的に、食事料金には「料理」「席チャージ」「空間」「景色」「接客」が料金として含まれています。

席チャージ料が掛からないお店だとしても、料金に加味されていると普段から考えるようにすると、オールドシティグリルハウスのコスパが光るのです!

リブアイステーキの焼き加減は、好みで選択できます。

個人的に、しっかり焼きが好きなので、どこ行ってもウェルダン。

焼き加減:ウェルダン

牛肉は柔らかく、ナイフで軽くカットできるし、歯ごたえも柔らかい。

噛み切れなくて口の中でモゴモゴすることもないし、塩分少なめな味付けで食べやすい。

当たり前ですが、お皿も温められてます。

ポテトもほくほくで、いい塩梅で畑の味がします。

撮り忘れましたが、使い捨てのおしぼりは分厚めのちょっといいやつです。

脂身が苦手な方は、ハニーポークグリルがペロッと食べやすいよ。

ハニーポークグリル1,600円

ハニーポークグリル1,600円(他にスープ・サラダ・ライスまたはパンが付く)

写真写りが悪いですが、見た目以上にリブアイステーキよりも脂身が少なくサッパリしてます。

肉は柔らかく胃がもたれない軽さで、女性やダイエット中の方は、こちらの方が好みでしょう。

パン

外はかなりサクサクなフランスパン。

常温を持ってくるお店が多いですが、熱々なので旨いですね。

シーザーサラダ800円

シーザーサラダ800円

サーモンとホタテのシーザーサラダです。

2人分にちょうどいいボリュームで、海鮮も分厚く新鮮でした。

葉っぱがしおれている、なんてこともないわけです。

子供には無料で、サラダ&スープが付いてきた

サラダとスープ

今回家族で利用したのですが、注文を頼んでいない子供に、サラダとスープが付いてきました。

単品メニューも頼んだしボリュームが多そうだったので、子供には取り皿によそえばいいと思い別に頼まなかったのですが、店側の配慮でもてなしてくれました。

宿泊するホテルではそのようなサービスを受けたことはありますが、レストランだけの利用でここまでもてなしてくれるサービスは、数える程度しかありません。

「ホテル泊まってみようかな?」という気持ちにさせられますね^^

こちらのホテル名は、芝パークホテルです。

※あくまで店側のサービスですから、貰えなくても不満を言ってはいけません。

実食後の感想

2名+子供1名で計6,000円ぐらいのお会計でした。

高いか安いかは人それぞれですが、結構な量を食レポしている側から言いいますと、料金以上の「接客」「清潔さ」「味」のクオリティが高いと感じます。

味だけで見ればもっと美味しくて安いお店はいくらでもあるでしょうが、レストランでは「味」「接客」「景色」「気持ちよく食事できるか」複合観点で総合評価をするものです。

別館として2016年に開店したようで、私が知ったのはここ最近なのですが、リーズナブルな価格で気持ちよく食べられ味も良いので、仕事次いでによく利用しています。

二子玉川の高島屋9Fハワイアンレストラン「The Veranda」だと、同じボリューム食べて8,500円したのを考えると、東京ド真ん中のホテル内レストランで食事して6,000円は安いと感じますね。

バイトレベルではない接客クオリティと、値段の割には大変美味しく、店内設備も綺麗、お手洗いはホテル用、よく考えずともお得です。

個人的に、経験が蓄積されたスタッフがいるのは、利用する側としても安心できますね。

場所柄有名ホテルが点在しているというのもあり、認知度が低いため比較的空いているから静かに利用できるのもウリです。

この日も、66席あるのに中国人の旅行者2人しかいませんでした。

ほぼ貸し切り状態で、暖かい店内から寒空の景色を眺める。絵になりますね。

カウンター席だとガラス越しにシェフの調理風景を眺められます。

東京タワーを見たついでに、または営業帰りにでも寄ってみてください^^

個人的にランチタイムの利用が、客数や料金などの理由からオススメです。

いいね !で
最新情報に更新するよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
七五三 ひかり

ただただ役立つ情報を伝える夏男。本人には極当たり前のことなので喜んだりしない。1年の大半をホテルと空の上で過ごす専業投資家。特技は、悟空の睡魔にも勝てる24時間戦える精神力。でも、よその母ちゃんが握ったおにぎりが苦手。

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ