ふるさと納税のやり方

ふるさと納税をしたいんだけど、どうやったらいいのかわからないし、自分の収入の場合どれだけの金額を頼むことができるのか知りたい人のために説明したいと思います。

広告

まずは、自分のふるさと納税年間上限額を知る

自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)です。
ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成別で表にしていますので、参考にしてください。
全額控除されるふるさと納税額の年間上限を超えた金額については、全額控除の対象となりませんのでご注意ください。

掲載している表には、制度改正によって、平成27年から拡充された控除額上限が反映されています。平成26年までの目安とは異なりますので、ご注意ください。
掲載している表は、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない給与所得者のケースとなります。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。
掲載している表はあくまで目安です。具体的な計算はお住まいの市区町村にお問い合わせください。
 ふるさと納税を行う方の家族構成
ふるさと納税を行う方本人の給与収入独身又は共働き ※1夫婦 ※2 又は共働き+子1人(高校生 ※3 )共働き+子1人(大学生 ※3)夫婦+子1人(高校生)共働き+子2人(大学生と高校生)夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円31000230001900015000100004000
350万円38000300002600022000170009000
400万円460003800034000300002500017000
450万円580004600042000380003400025000
500万円670005900052000460004200033000
550万円760006700064000590005200042000
600万円840007600073000680006500053000
650万円1070008500082000770007400065000
700万円118000108000105000860008300075000
750万円12900012000011600011000010700085000
800万円141000131000128000122000118000109000
850万円152000143000139000133000130000120000
900万円164000154000151000145000141000132000
950万円176000167000163000157000154000144000
1,000万円188000179000176000170000166000157000
1,500万円394000382000378000371000366000355000
2,000万円572000560000556000548000544000532000
2,500万円858000845000840000831000826000813000
3,000万円106200010480001043000103500010300001016000
3,500万円126500012520001247000123800012330001220000
4,000万円146800014550001450000144100014370001423000
4,500万円186500018500001845000183500018300001627000
5,000万円209200020770002072000206200020570002042000
6,000万円254600025310002526000251600025110002496000
7,000万円300000029850002980000297000029650002950000
8,000万円345400034390003434000342400034190003404000
9,000万円390800038930003888000387800038730003858000
1億円436200043470004342000433200043270004312000
※1
「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
※2
「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)
※3
「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
※4
中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

まとめると年収に関わらず出費は固定2,000円となり頼める上限金額は年収により変わる。

詳しい金額は年末にならないとわからないけど、去年度と同じ年収だという換算でふるさと納税を頼んでいく必要があり、その年収によるふるさと納税額上限というのは、上記表を見て確認すればいいという話です。

広告

実際に頼んでみる

どこで頼めばいいのか?という話ですが、扱っている自治体・商品が圧倒的に豊富なふるさとチョイスで申し込むのがいいと思います。ふるなびというのもありますが、商品が少なくサイトが見難いのでふるさとチョイスをお勧めします。私も使っています。

ふるさとチョイスで会員登録をすることで希望自治体で商品の支払いをする際、自動的に個人情報が入力されるので無駄な重複入力がないので簡単に支払うことができます。

自治体にもよりますがクレジットカード支払い可能な商品は3万件近くあり、比較的対応されていると考えていいと思います。

広告

支払い後、何か手続きが必要なのか?

何もすることはありません。

通常のネット通販と同じように支払い後は商品が届くのを待ち、商品が届いたら食べるだけとなります。

2014年度までは手続きが必要だったのですが、ふるさと納税の賑わいもあり各自治体が自動的に処理してくれるので、消費者は何もすることはありません。

ただし、会社員ではなく個人事業主の場合は、確定申告時に各自治体から送られてきた用紙を貼り付ける必要があるんですが、自営業者にとっては簡単な作業だと思います。

広告

「いいね!」を押して応援する

モチベーションが上がります^^

プロフィール
七五三 ひかり(21万PV/月)
ライフキャリアを改め定年した都内在住30代、1児の父。 デイトレ・大家業・副業の欲張りセットで第二の人生挑戦中。低コストでビュッフェ・4つ星ホテル・飛行機を利用し、豊かに暮らす術をレポートしてます。ハピタスを利用した無料旅が専門。