定期金利にするなら「あおぞら銀行」が最強

株主優待

あおぞら銀行

世間の預金額から見ると、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3大バンクにお金を預けるのが一般的なのだと思いますが、私も「安心感」から見るとそうなのだと思います。

ただ、定期預金にするなら話は別だと考えます。

なぜなら、今時の銀行というのは大小限らず預金保険制度とペイオフで保護されているのでそれならば金利が良い銀行へ預けた方が、お得です。

預金保険制度とペイオフの説明をすると、

経営破綻などにより金融機関が預金等の払戻を停止した場合などに、預金者を保護し信用秩序の維持に役立つことを目的とした制度です。このうち、ペイオフと は、金融機関が経営破綻した場合に、その金融機関に預けていた預金等を払戻す際の保証額を預金者1人あたり元本1,000万円までとその利息等とするもの であり、預金保険制度によって定められています。

引用:大和証券

広告
広告

定期預金が高金利なのは、あおぞら銀行

各銀行で定期金利キャンペーンをやっていますが、「口座開設後3か月以内の定期金利申込み者のみ」「高金利は、いついつまで」どれも一時的な金利にすぎないキャンペーンばかりななか、あおぞら銀行では、常に6ヵ月定期0.2%、1年定期0.26%、と設定されています。

ちなみに比較対象として、住信SBIネット銀行では、6ヵ月定期0.08%、1年定期0.1%です。結構、住信SBIネット銀行を勧めている節約サイトがありますが、私は「あおぞら銀行」をおススメします。

広告
広告

あおぞら銀行を勧める理由

他銀行と変わりないサービスを受けられ、「すぐに必要としないお金を預ける場所」それが銀行だと思っているので、金利が良い銀行に預けておいた方が、単純にお得だからです。

あおぞら銀行では、ゆうちょ銀行、郵便局、一部のファミリーマートに設置のゆうちょATMで手数料無料で入出金可能です。

私は、ほとんどの資金を証券会社で運用していますが、年間生活費金額だけは銀行に置いてあります。

広告
広告

投資をしない人は、単純に金利が良い銀行に預けるべき

「損をするのが怖い」という人は、金利が良い銀行だけでも預けておいた方がいいです。1年間で増える額というのは定期預金により変わりますが、それほど大きい額は増えません。

ただ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行とあおぞら銀行を比較しても、特別あおぞら銀行で損をするという点も見受けられません。

どうしても大手が安心という大衆心理が働いてしまうのはわかりますが、自分にとってどの選択が一番いいのか考えてみるといいと思います。私は、あおぞら銀行をおススメしますよ^^

あおぞら銀行

あおぞら銀行インターネット支店

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ