▶▶【9月27日まで】Amazon会員、音楽を聴くと500ポイントプレゼント

自作パソコン新調します。

商品レビュー

自作パソコンパーツ

2014年6月頃に自作パソコンを新調しているんですが、お金を出し渋ったというのと最新パーツの日進月歩が激しいというのもあり、今回自作パソコンを新調することにしました。

必ず取り入れたいパーツは、M.2SSDでありこのためにパソコンを新調すると言っても過言ではないかもしれません。前回、この辺りも考えてお金を出していればSSD交換だけで済んだのですが、「マザーボード交換するならCPUもしてしまおう」と考えたので、色々買いました。

もちろんモッピーハピタス経由で購入して若干お得に購入しました。

広告
広告

マザーボードをASUSからMSIに変更した

MSI Z170A GAMINGM7

日本語表記がされており初心者には優しいマザーボードそれがASUSなんですが、MSIに変更しました。それは価格で見るとMSIの方が良いパーツを使用しているからですね。

それにMSIも日本語表記対応しています。

マザーボードは、MSI Z170A GAMINGM7にしました。

これにするまで迷ったマザーボード候補達。

  1. MSI Z170A GAMINGPRO
  2. MSI Z170A GAMINGM5
  3. MSI Z170A GAMINGM7
  4. MSI Z170A GAMING M9 ACK

下にいくほど、パーツが良くなるんですが、複合的な処理をさせないのであればPROで十分と考えます。M9 ACKのような1867Mbpsのデータ伝送が行える優れモノであってもプロバイダーがギガビットLAN契約の時点でボトルネックとなるので機能を最大限活かせません。

PRO・M5・M7でかなり悩み、重要なのは通信速度だけなのでPROでいいかと思ったものの、PRO・M5・M7でマザーボードの写真をよくよく見ると明らかにパーツとチョーク数とCAP数が違うじゃないですか!

また、そこで色々と悶々と考えるわけですが、一番安いPROとM7では、12,000円ほどの差があります。正直「またケチって来年組み直すことになったら嫌だな」とも思ったので、MSI Z170A GAMINGM7にしました。

ちなみに、MSI Z170A GAMINGM7ではLANの制御をハードで行います。PRO・M5ではソフトウェア制御です。あと、M7では、PRO・M5より音質が良くなります。あまり重要視する部分ではなかったのですが、諸々PRO・M5より良くなるので、あとで「あの時ケチった弊害が」と、ふと思いたくなかったので、M7を選びました。

CPUも変えることにした

Intel CPU Core i7-6700K

マザーボードにより対応しているCPUというのは違います。

Z170は100シリーズとなるのでLGA1151規格のCPUを購入する必要があります。

現在私は、CPU4790を利用していてLGA1150規格なのでマザーボードに合わせて交換する必要があります。

購入したのは、Intel CPU Core i7-6700K。

LGA1151規格の中で良いCPUと言ったら、これ一択です。6700Kの「K」とは、オーバークロック対応という表記です。「オーバークロックしない」という人も6700Kにしておくことをおススメします。数千円しか違わないですし、クロック周波数が3.4と4.0では大きく違います。

正直、4790を利用中の方は6700を購入しても、それほど恩恵はありません。

私は、株式投資をするにあたり自作システムを活用しているために、いつもCPUだけは一番いいものにしています。ただ、動画編集や重い処理をさせる作業は一切していないのでフル活用できてないと思います。ゲームもしてませんからね。

ただビジネスとして設備投資は怠らないというマインドでしょうか。

OSインストール先は、M.2のSSDにした。

Samsung SSD 256GB 950 PRO

今回の要となる、M.2のSSD Samsung SSD 256GB 950 PRO にしました。

512GBタイプの方が、性能も上なんですが正直そこまで使わないんですよね。それに明らかに高いので、256GBで十分です。

今回マザーボードを32GB対応M.2にすることにより、950PROを活かせるようになります。読込速度2,200MB/sとなるので今のパソコンよりザックリ4倍ほど速くなります。4倍ですよ?さすがに4倍ともなるとパソコン新調しなくちゃと思いますね。

簡単に説明しますと一般的なSSDは読込速度500MB/sぐらいです。M.2対応SSDは2,000MB/sオーバーです。これで今まで以上無駄な時間をなくしてサクっと仕事ができるようになります。

Samsung製品を購入すると2016年1月15日までめちゃ速キャンペーンをしているのでレシートと一緒に応募しましょう。500名に当たるので私も応募します^^

メモリーカードはCorsair3200MHzにした。

CORSAIR DDR4 CMK16GX4M2B3200C16

今までメモリーカードは16GB差しておけばいいんだろという感じでいたんですが、きちんとこの辺りにもお金を回して固めておこうと思って、

CORSAIR DDR4 CMK16GX4M2B3200C16にしました。

今までDDR3 1666タイプを利用していたんですけど、さすがにと思った感じですね。

あと、時代もあると思います。

DDR4 3200MHzが16,500円ぐらいだったので安くなったもんです。

OSはWindows7から10へバージョンアップして使う

最初からWindows10をインストールしてWindows7のシリアルコードで解除できるようになったので、そうしようかと思ってます。

当初は、Windows7で利用しようと考えていたんですが、色々Windows10はダメだと言われていますが、いつかWindows10にしなくてはいけないんだとしたら、もうしてしまおうという考えです。スピードは、Windows10の方が速くなっていると言われてますからね。

一番の理由は「面倒くさくなった」これにつきます。Windows10は外部に情報を送信していると言われていますが、今に始まったことじゃないのでもうその話題に疲労感があります。

個人的考え

自作パソコンはキリがないので、何をするために組むのかなんですが、通常利用であればそこまでお金をかける必要はないと思います。

掛ければ掛けるほどサクサク処理できるようになりますが、文章書き・ネットサーフィンぐらいしかしないのであればかなり安く収まると思います。

今人気の32GB対応マザーボードとM.2SSDは必ず取り入れるべきでしょう!

上を見ればx99シリーズのマザーボードを使用した方がいいんですが、3倍くらいお金がかかりそうなので取り入れてません。

自作パソコンは全く難しくないので既製品を買うよりも高スペックなパソコンを手に入れられるので一度やってみることをおススメしますね^^家の電球が切れたら新しいのを買いに行って取り付ける作業ができるなら、できると思いますね。やっていることは変わりません。

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ