【不思議】お金がない人ほど、リスクを取った生活を送る

ビジネス脳

私は今でこそ、他の方よりは自由な日々を送ることができていますが、ここにくるまで大変な思いをしていきています。

貯金3桁万円から1桁万円まで落ち込み会社員へ出戻った時は、精神的にくるものがありました。

同じような思いをしないで済むよう、その大変な中で気付いたことをシェアしておきたいと思います。

広告
広告

お金がない人ほど、リスクを取るようになる

お金がなくなってくると不思議なもので、生活費の中でまず何を削るようになると思いますか?

それは、車検・生命保険・健康保険・年金などの保険全般です。

明日の生活費さえ困惑してくる状況になってしまうと、保険というのは「いつかくる未来」のための贅沢商品でありますので、真っ先に切るようになります。

すると、どうなるか?

保険に入っていないので人生の難易度がドンドン上がっていきます。

ゲームで例えるなら敵のレベルが上がってきたのに、ドロップするお金が少なくて強い装備が買えないという負の連鎖に突入です!その連鎖から抜け出すには、コスパ悪かろうと薬草を買って回復して敵倒してというのを自分のレベルが上がるまで、もしくは強い装備が買えるまで続けなくてはいけません。それは現実世界でも同じことです!

広告
広告

負の連鎖から抜け出すには、今まで以上に働かなくてはいけない

お金がない状態からお金を貯めるのが困難だと理解している人は、どれだけいるのでしょうか?

負の連鎖から抜け出す(貯金を作る)には、ガムシャラに働く必要があります。でも、上記であげたように保険に入っていないのです。相対的な健康面でのリスクが高いまま働くことは、ある程度の運も必要になってきます。

でも、その環境から抜け出すにはガムシャラに働かなくてはいけません。

私もまたお金がなかった時代は、ガムシャラに働きました。大きな病気になることなく、運欲く今このような環境で生活を送れていますが、万が一何かなっていたら未来は違っていたと強く言えます。

広告
広告

下流へ行くと這い上がるのが難しいのが現実

稼いでいる人もいない人も家賃を除いた生活費というのは、そんなに変わりません。

仮にいたとしても、あなたが這い上がろうと思っていれば生活費を一定に保つのは簡単であります。贅沢しなければいいだけですからね。

そこで家賃含めた生活費15万円かかる人の手取りが20万円の時と50万円の時があった。

  • 20万円の時は、残5万円
  • 50万円の時は、残35万円

つまりは、50万円だと20万円の7倍を1か月で貯められるということです。

それだけ人生の難易度が下がっています。

スキルがなければ時間で稼ぐしかないので、体力の続く限り働きその環境から抜け出さなくてはいけません。年齢が上がれば上がるほど体を壊す確率は上がるでしょうから、短期間で抜け出す策も考えなければいけませんね。

広告
広告

時間で稼いできた人は、効率化を考えなければいけない

時間を消費すれば下流から抜け出せますが、それはまた体を酷使することにも繋がります。

若い頃の一時であれば耐えられるでしょうが、50歳以降になると厳しいものがあります。若い頃に既にその地点を経験していたとしたら「またスタート地点に戻ってしまった」と思い、人によっては心が折れてしまうかもしれません。

そのようなことにならないよう、時間を減らしても稼げる額が保たれるような方法を同時に模索していかなければいけません。仮にあなたが、それまでバイトなのだとしたら正社員を検討する、会社員+バイトで稼いでいるのだとしたら会社員+個人事業主契約を検討する、または副業で人を使うようにする。

と言ったように、自分の人生をよりよい方向に導くためには、自分の貴重な時間をなるべく割かずに稼ぐ方向へとシフトしていかないといけません。時間給を上げる方法を考えるということです。

広告
広告

人を使えと言うけれど

あなたが副業でも何でも稼ごうと思ったら、企業のサービスを利用したり組むよりも、個人と契約を結んだ方が稼げます。企業は事務所賃料や社員の給料を稼がないといけないので、それだけ高額となりますが、個人であれば人工でやり取りができます。

一番割が良いのは単発バイトを雇う事であり、クラウドワークスなどで単発依頼するのがコスパいいでしょうか。ただ、依頼内容は簡素化する必要があり、それでも自分にとってメリットとなるように考えなければいけないので、その辺りに面倒な作業と感じてしまうかと思いますが、あなたの人生をよりよくなるべく楽をしたいと考えるならば、通らなくてはいけない道のりです。

私の経験上、企業と組むと契約書で保身してくるので、あなたが個人で仕事・副業するのであれば個人間の方が楽だと言っておきます。企業から単価の高い仕事を依頼される関係でもなければおススメはしません。

個人的まとめ

今お金がある人ない人。一旦下流に落ちてしまえば、這い上がるのは難しいと肝に銘じておいてください!

下流へ落ちてしまったのであれば、何かしらのアクシデントに見舞われたんだと憶測します。人生予想だにしない事というのは起きますし、会社が倒産して職を失う時代でもあります。

まだ若ければ何とかなりますが、それなりに年を取っていれば再起することが難しいのが日本でもあります。

お金が無くなっても困らないように、保険を一括で払っておく、または数年分を保管しておく。人生のリスクを減らすために余裕のあるうちに対策を立てておくことをおススメしますよ^^

私は、無給になったとしたらいつまで貯金で暮らしていけるかは、常に把握しています。個人事業主でもありますので、その辺りの危機管理というのは会社員時代よりも正確に把握しています。会社員時代は、貯金をアバウトで見てましたからね。

稼ぐ方法

https://cost-zero.com/money_mind

タダで旅行する方法

https://cost-zero.com/transportation_cost

銀行金利の100倍で資金運用する方法

株主優待
「株主優待」の記事一覧です。

が参考になると思います。(カテゴリー別)

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ