▶▶この方法で品川プリンスホテル5000円で泊まれました(大人2名分)

東京都世田谷区にある「鈴木ブドウ園」でブドウ狩りしてみた!品種・アクセス・開園時期・料金情報と食レポ

レビュー観光・ホテル

「世田谷産の果物は美味しいのかな?」

そのような方のために、鈴木ブドウ園のぶどう狩り体験をレビューします。

東京都世田谷区でブドウ狩りができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鈴木ブドウ園とは?

  • 住所:世田谷区等々力8-20
  • 開園日時:夏中旬開始~売切れしだい終了(8月17日開始)
  • 開園時間:8:30~12:00
  • 量り売り:1kg1,800円

ぶどうがなくなり次第終了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誰が管理しているの?

鈴木教仁さんが管理していらっしゃるブドウ農園です。

昭和59年に農家の賛同を得て発足した「世田谷ブドウ研究会」に属しています。

世田谷ブドウ研究会では

ここ世田谷でも、古くからブドウ栽培が行われていましたが、昭和55年頃までは僅かに2園しかありませんでした。昭和56年にもぎ取り販売を目指して1園が新たに開園したのをきっかけにブドウ栽培農家が増加し、昭和60年7月「世田谷ブドウ研究会」が6名の農家の賛同を得て発足しました。
その後、東京都農業改良普及センター、世田谷区役所、JA東京中央、JA世田谷目黒の協力をいただきながら、栽培技術の研修などを行う中、会員数も増え世田谷区、目黒区で18名の会員が現在ブドウ栽培に取り組んでいます。
全くの素人集団からのスタートで、いまだに試行錯誤の繰り返しですが、東京23区内という地域で一味違うブドウとブドウ狩りを皆様に楽しんでいただける様、会員一同努力しております。是非、一度‥‥と言わず二度、三度御来園ください。

世田谷育ちの一味違うブドウを味わって頂けるよう、日々頑張っています。

8月中旬~9月上旬限定でもぎ取り販売を行っています。

都内では貴重なぶどう狩りできる場所です。ご迷惑にならないよう気を付けて楽しもう。

予約方法

予約は必要ありません。

ぶどうがなくなり次第終了です。

道順アクセス

電車で行く場合

東急大井町線等々力駅から徒歩15分。

駅前スリーエフの小道を曲がり、玉川神社の小坂を登り、私立等々力中を目指して直進していくと木陰が多いです。

高級住宅街なので、逆に歩いている人は少なめです。

車で行く場合

路上駐車は迷惑になりますから近くのコインパーキング(駐車場)を利用してください。

  • パーキングエリア名:NPC24H世田谷中町パーキング
  • 住所:〒158-0091 東京都世田谷区中町3-2
  • 料金:40分200円(クレジットカード決済可能)

厳密には、青印の場所に鈴木ブドウ園入口があります。

駐車場から真っ直ぐ3ブロック直進すると、月極有料駐車場の隣に農園が見えます。

5品種のぶどうがもぎ取れる

「高尾」「巨峰」「藤稔」「ピオーネ」「紅瑞宝」の5種類。

低い場所に実がなっているので、お子さんは刈りやすいと思います。

背の高い方は、1駅隣にある田中ぶどう園が刈りやすいですよ。(本人身長180cm)

近所の方がいらっしゃり、バスツアーとは違いゆっくり見て回れます。

もぎ取りたい品種が決まっている方は、袋を見ればわかるようになっています。

今年は、気温35度超え+大雨の影響により、やや小ぶり感がありました。

藤稔一房の料金

品種にこだわりなく、1kg1,800円です。

購入したぶどうは、ビニール袋に入れてもらえます。

藤稔一房1,800円 直径13cm

お子さんやお年寄りに嬉しい小粒の実です。

ものさしがうまいこと当てられなかったのですが、直径13cmあります。

ここでぶどうの豆知識

  • 表面の白い粉は、鮮度が高い美味しいぶどうの証です。
  • 小さい実がぎっちり詰まっているぶどうよりも、大きい実がゆったり生っている方が熟して美味しいです。
  • 自分でぶどう鋏で狩る際は、幹が枯れていないかよく見ましょう。
  • 枯れていたり変色しているものは避けましょう。

藤稔の食レポ

小粒の藤稔です。(種あり)

ペットボトルのキャップぐらいの大きさがあります。

皮は剥きやすく、小ぶりなわりに甘くて美味しい!

スーパーで販売されている甘さと装飾ありません。酸味ゼロ。

世田谷でぶどう狩り体験できるとこに醍醐味を感じ、晩夏のちょっと寂しい気持ちを盛り上げてくれるイベントです。

近所の方ならドアツードア―(行って帰ってくる)で30分で、ぶどう狩りできます。

小粒でも量り売り(kg)ですから、粒がたくさん付いていた方がお得とかはありません。

粒が多い少ない、大きい小さい、好みでもぎ取れます。

駅から付かず離れずの散歩するにはちょうど良い距離、毎年伺いたいと思ってます。

いいね !で
最新情報に更新するよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
七五三 ひかり

ただただ役立つ情報を伝える夏男。本人には極当たり前のことなので喜んだりしない。1年の大半をホテルと空の上で過ごす専業投資家。特技は、悟空の睡魔にも勝てる24時間戦える精神力。でも、よその母ちゃんが握ったおにぎりが苦手。

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ