▶▶空港で副業してみた!ご飯食べて7000円貰ったやり方

ザ・プリンス パークタワー東京の25階プリンススイートルーム(1泊30万円)に泊まってきた!どこからでも東京タワーが見える

飛行機

クリスマス時期にザ・プリンス パークタワー東京のプリンススイートルームに泊まってきました。

年末&クリスマス時期もありフロントは多少混雑していて、同階にあるロビーラウンジのケーキは昼間にほぼ品切れとなり、外は凍えるような寒さでしたから宿泊客関係なく暖を取りにきていました。

また、多くのアジア系・白人の外国人旅行客も多く、6:4か7:3ぐらいで外人の方が多かった印象です。

今回、1泊30万円する25階のプリンススイートルームに宿泊しました。

スポンサーリンク

ザ・プリンス パークタワー東京の場所はどこ?

  • ホテル:ザ・プリンス パークタワー東京
  • 住所:〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1

東京タワーから歩いて9分。

赤羽橋駅や大門駅降りて、一際目立っている高層ホテルです。

アクセスは、南エントランスから入場すると、ホテル玄関のホテルマンが出迎えてくれます。

浜松町駅(大門駅)からホテルまで無料シャトルバスも出ています。

足腰が悪いご年配の方も利用しやすいホテルです。

1階フロントでチェックイン

南エントランスから入ると、左手にフロントが見えます。

この場だけ海外ホテルでも来たかのように白人・アジアまたは老人ばかりで、写真を見返しても若い日本人は数えるほどでした。

スイートルーム宿泊者と言えど、混んでいたためチェックインまでしばらく待ちました。

エレベーターで25階プリンススイートルームへ

ベルガールに案内され、エレベーターで25階まで上がると

エレベーター扉の真正面に絵画がお出迎え。

廊下に出て、コーナールーム(プリンススイート)を目指します。

ガラス窓を見下ろすと、地上1階まで吹き抜けになっています。

25階プリンススイートルームのレイアウト

公式サイトのレイアウト見取り図はこちら

フロアプリンススイート
広さ113.3㎡
一般料金298,000円
今回料金20,000円

何点か写真に収めてきました。

ワクワクしながら扉を開けると

リビングと廊下を高級洋風衝立で仕切っています。

敢えて見せることで、広いリビングを更に広く感じさせ窮屈感を与えない設計です。

部屋の隅々まで光が差し込む様は、どこにいても気持ちの良いものです。

まずは右手のリビングから紹介します。

30畳ほどのリビング

中央のテーブル下には小さな冷蔵庫もあります。

無料ミネラルウォーターがありますから、忘れずに頂きましょう!(寝室にもあります)

そういえば手前にあるソファ、ほとんど座らなかったなぁ(笑)

リビング全体で30畳ぐらいです。

合成のような景色ですが、すべて本物です。

これだけ景色が良いと何も気にしないもので、普段自宅では見ないTVを見て寛ぎました。

TVの台座が電動で動かせれば最高だったのですが、サウンドはBOSEブランドでした。

金持ちは、向かいから覗くなんてことはしませんから、私も自己欲に浸ることにしたのです。

カーテンは自動開閉、室温も自動設定。ボタン1つで行えます。

  • カーテン:全自動開閉
  • エアコン:自動温度設定
  • 照明:強弱可変可能

エアコン静か!

では、寝室を見に行ってみましょう。

ベッドルーム

ベッドルームは8畳くらいかな。

  • ハリウッドツイン
  • サイズ:1,200mm×2,030mmのベッド2つ

ベッド脇にUSB端子あります。

高層階からの景色を楽しみつつ、デスクで仕事もできる。

ノーパソ持って行ったのですが、狭い部屋にいては勿体ないので、リビングで作業してました。

夏場だったら、バルコニーに椅子だして夏男になったかもしれないなぁ(笑)

バスルーム

  • 洗面台2個
  • トイレ1個
  • バス1つ

ドライヤー・ポータブルテレビもあります。

写真には写っていませんが、ドアの奥に化粧台があります。

アメニティは、フランスの化粧品ブランド:エラバシェが豊富に揃えてあります。

  • Ella Bache:シャンプー
  • Ella Bache:トリートメント
  • Ella Bache:ボディソープ
  • Ella Bache:ボディローション
  • プリンスオリジナル:バスソルト

「石鹸」「ヘアゴム」「シャワーキャップ」「コットン」「櫛」「麻ボディタオル」「歯ブラシ」

シャワーブースの中にも、同様のアメニティあります。

石鹸置き場にきちんと石鹸が備え置きされており、浴槽はジャグジー付きで男性が足を伸ばしても余るほど広いです。

これだけ広いですから、カップルや家族で一緒に入ることもできるね。

トイレ

玄関入ってすぐ右手にトイレあります。

バスルームに1個、個室1個、計2個(ウォシュレット)あります。

栓できないのが気になった。

備え付けの設備機器

スマホ設備・冷蔵庫・コーヒーマシン情報などまとめておきます。

手前のティーパック&エスプレッソは無料です。

冷蔵庫内すべて有料です。

  • ビール
  • ジュース
  • シャンパン
  • ウイスキー
  • ウォッカ
  • ソーダ
  • ミネラルウォーター
  • コカ・コーラ
  • ウーロン茶
  • フルーツジュース
  • おつまみ

スマホ充電器(変換アダプター)

多くのホテルで見かけるタイプです。

海外の電源プラグでも使えるようにする「コンセント変換プラグ」

CAT6Aの有線LANケーブル。

デイトレードやPC用オンラインゲームをするなら、自前でもっと回線領域が広いCAT7・CAT8を持って行こう。

西武プリンスクラブ メンバー特典

西武プリンスクラブ会員のプラチナ会員になると、ビスケット貰えます。

1枚1枚模様が違うビスケット

朝食ビュッフェのレビューはこちらで書いています。

「日本料理 芝桜」で朝食を食べてみた!ザ・プリンス パークタワー東京B1
ザ・プリンス パークタワー東京B1にある「日本料理 芝桜」で、朝食を食べてきました。個室・小上がり席で日本料理や...

ザ・プリンス パークタワー東京に泊まるには、以下の記事を参考にすると安く泊まれます。

4つ星プリンスホテルに繁忙期に格安で泊まる方法!スイートルームも2万円(2名様分)
繁忙期にホテルを予約すると、通常の2倍~3倍の価格になるのが悩みのタネ。だから、時期をズラして3月12月に旅行へ...

東京には、東京プリンス・品川プリンス・プリンスギャラリー東京紀尾井町など多くの西武グループのプリンスホテルがあり、西武プリンスクラブ会員になると特典でホテルを安く楽しめる裏技が存在します。

宿泊後、感想レビュー

東向きの部屋で東京タワーが見られずションボリしていたんですが、芝パークビルのガラス窓に反射し東京タワーが見えるじゃありませんか!

また、25階であってもバルコニーに出られ、眼下に広がる夜景をボーっと見ているだけでも楽しいものです。

テニスコートでスポーツしている方々を見て、稼いで港区住んで趣味も励む、バイタリティ見習おうなんてことを考えていると、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

高層階ならではの要因で、首都高に近いぶん若干バイク音が騒がしいかな。

静かにホテル生活を送りたい方は、庭園の中にある品川駅から程近い「ザ・プリンスさくらタワー東京」や「グランドプリンスホテル高輪」辺りが低層階で大通りから離れている分静かでしょう。

また、東京タワーに近いのもありコンビニ商品売り切れ!

地下のローソンが売り切ればかりだったので、近場のコンビニすべて寄ったんですが、すべてご飯類売り切れでした。残っていたのはゆで卵ぐらい。

食事に困ってしまわないよう、私のよく利用している東京タワー近くのレストランを紹介しておきます。

東京タワーの帰りに絶対寄る「オールドシティグリルハウス」の口コミレビュー!御成門駅から徒歩2分
東京タワー近くには、有名なレストランが点在しています。「夜景が見えるレストラン」や「東京タワーが見えるレストラン...

今回30万円⇒2万円で泊まることができ、コスパではなく貴重な体験ができたことに大変感謝しているのですが、2019年度は2万円で2階ガーデンスイート(1泊13万円相当)にも泊まれるようになりましたから、選択肢が広がりプリンス会員様様なのです。

なんだかんだ書きましたが、私の中でプリンスホテルの総合評価は高いため今後も利用していきたいと思ってます。

東京住みで東京のホテルに泊まるという経験がない方も、街を知っている分余計な出歩きをしなくて済みゆっくりできますし、プリンスホテルならお安く利用できるのもポイントですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
七五三 ひかり

ただただ役立つ情報を伝える夏男。本人には極当たり前のことなので喜んだりしない。1年の大半をホテルと空の上で過ごす専業投資家。特技は、悟空の睡魔にも勝てる24時間戦える精神力。でも、よその母ちゃんが握ったおにぎりが苦手。

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ