【レオナルド・ディカプリオも行った】元箱根にある「絹引の里」で食べてきた!唯一18:00まで営業

商品レビュー

外国人旅行客が増えつつある箱根芦ノ湖。

無料巡回バスや外国語表記看板もあり、外国人も来やすい街になりました。

その割には、街灯もお土産屋も飲食店も少なく、どこも17:00閉店。

最終オーダー15:30の店もある。

19時頃夕飯食べたい人は、ホテルでバカ高いディナーを強いられる

箱根まで来たって言うのに、洋食食べさせられるのかい?

そんな元箱根で唯一18:00まで営業しているのが、「絹引の里」です。

いつ食べるかどうかお前の意見なんて聞いてないんだよ、とでも言いたげな観光事情から「絹引の里」の食レポをすることにします。

また、レオナルド・ディカプリオが来店したお店として有名です。

広告
広告

絹引の里の場所はどこ?

箱根海賊船乗車口や箱根神社第一鳥居から、徒歩1分。

からあげ屋、パン屋、蕎麦屋、多くのお店が「CLOSE」を掲げている中、1店だけ明りが漏れ営業しています。

せいろ、かき揚げ、カツ丼、天重、うどん、そば、完全な蕎麦屋でございます。

メニューの確認もそこそこに、閉店まで時間がないもので入店することにします。

広告
広告

外人好みの濃いめな蕎麦が食べられる

閉店間際だというのに、1階満席です。

8割が外国のお客さんで、アジア語が飛び交い観光地を感じます。

絶対需要があるのに、店仕舞いしてしまうのはなぜなんでしょうか?

閉店間際にも新規のお客さんが来店し、その度に「今日はおしまいなんです」なんてもったいなくないですか?客単価高いのに。

写真を整理していると「せいろ」を食べれば良かったなと思いましたが、当時は時間がなかったというのを記述しておきます。

天ぷらそば 1,404円

かまぼこ・しいたけ・さつまいも・えび天・ホウレン草、が入っている天ぷらそば。

外国人が好みそうな濃いめの汁で、セレブや通を唸らせる味として人気があるようですが、濃くて全く飲めませんでした。

えび天はエビが固く、料金も観光地価格を感じます。

かまぼこもさつまいもも固い印象を受けました。

夕飯が味の濃い蕎麦では、1日の締めとして残念だ

なんて思ったものの、他にお店がやっていないのです。

田舎にある観光地特有の金ではどうにもならない街です。

ちょっと遅い時間にご飯を食べたいなら、経験上箱根湯本がオススメですし、箱根芦ノ湖周りは選択が少なくダメかもしれません。

逆に、旅先でお金を使いたくない方は、関係ない話ではありますね。

広告
広告

箱根芦ノ湖で食事代を節約したいなら、コンビニ飯

「絹引の里」から徒歩3分の場所に、ローソンがあります。

ローソン元箱根店では、カップ麺やおでんを持った外国人で溢れ返っていました。

▼ローソン元箱根店の場所

時間を考えれば仕方のない選択です。

私も蕎麦が食べたかった訳ではありません。

ただ、元箱根で唯一18:00まで営業している「絹引の里」には絶対的な需要がありますし、そこしかないのですから行くしかないのです。

箱根芦ノ湖で夕飯に困ったら「絹引の里」へ行く。

覚えておくと重宝することは間違いなさそうですね。

広告
広告
七五三 (21万PV/月)

日本で活動するハイブリッドワーカー父。主に旅行・商品レビューを書いています。お得な情報を探すのが得意で、シェアもしてます。
無料で行く旅!会員募集中>>

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ