▶▶ワイモバイル契約で14,500円貰える!違約金払っても無料で乗り換えOK

副業でお腹いっぱいにする方法!行き着く先は、インフルエンサーなのか

ビジネス脳

現在、更なる複業を増やすために、直近1ヵ月時間を割いています。

今現在、

  1. シストレード(自動売買)
  2. FP
  3. 不動産投資
  4. ブログ運営

のビジネスで生計を立てています。

それとは別に

  1. 株主優待
  2. IPO投資
  3. ふるさと納税
  4. お得情報

に資金を入れておくことで、少ない手数料で果実を手に入れ生活の足しにしています。

やっていることは多いですが、そのどれもが少ない労力で稼いでくれる仕組みとなっており、もう1つ副業を作ろうと奮闘しているのです。

そこで「副業の作り方」と「ビジネスの成功法」、について語ってみることにします。

ちなみに後者4項目を家族で取り組むだけで、出費をかなり圧縮できるため利用する価値ありますよ。

広告
広告

副業は、トライ&エラーの繰り返し

わかりやすい例として、ブログを挙げてみます。

当サイトの前に作ったブログは、1度挫折して閉鎖しています。

ブログを作って記事を公開し、収益を目的に運営するのがプレッシャーに感じ、数十記事で閉鎖しました。

今思えば、肩ひじ張らずにやる気が出た時だけ運営すればよかったと思いますが、当時は今と比べてお金も時間もありませんでしたから、未開のビジネスに時間を割くことが勿体なく感じたわけです。

当サイトは、現在3年4カ月目ですが、順調に横ばいのPVを維持しています。

ブログは更新頻度を上げれば上げるほどPVが上がる仕組みなのですけど、飽きが来た時は、他のビジネスに注力するのも、結果的にリスク分散になり経験上有効でした。

これはブログに限らず、すべてのビジネスにも言えることです。

というのも、シストレードもそうですが手法の改良に飽きてしまい、新たに複業を作り今に至っています。

1つの仕事を死ぬまで頑張り続ける

新しいゲームソフトが発売され続けているのに、1つのゲームを50年間毎日やり続けられますか?

とりあえず一度クリアしたゲームをタイムアタックで徹底的に攻略する。

そんなことは、超人でもなければできないのです。

飽きたら気分転換に他のことをする、気が付いたら複業になってました。

1つのことをぶっ通すと「煮詰まる」ことがあるんですよね。

ちなみに、副業の行き着く先は投資であり、投資を攻略しない限り競争社会から抜け出せないのが真理です。

歴史に投資するのか、物に投資するのか、人に投資するのか。

投資と言っても、一括りに語れないほど様々なやり方があります。

どこかのタイミングで挑戦するだけの価値はありますし、避けて通れない難所です。

広告
広告

副業を伸ばすも増やすも、その人次第

コツがわかったから更に増やす

例えば、不動産物件で1件目うまくいったから増やすとかですね。

管理物件を増やし、収入をモリモリ増やす。

そこに面白みがあれば継続して増やすのもアリですが、先程も言ったように飽きたら他の副業をするのもありです。無理に可能性にしがみつく必要はありません。

私は、ゴールが見えると途端に詰まらなく感じてしまう癖があるので、あれこれ飽きないよう幅広く活動し、やる気が出た時に回帰するようにしています。

学生の頃はこの性格に悩まされましたが、40年近く生きていると自分の性格を把握していますから、無理に合わせようとせず自分の得意な環境に身を置くように生活しています。

環境に順応できる人できない人、やりたいことやれている人いない人。

自分が好きでも、相手は嫌いなこともあります。

そのような世界で全員が同じ働き方をするのは、ナンセンスではないですか?

飽きたこと好きでもないこと続けても、パフォーマンスを発揮できないでしょう。

また、片手間でこなせる副業を選ぶことで、空き時間に更なる副業を生みだせる可能性を残します。

副業はあくまでもヒット的な収入を増やすのが目的であり、ヒットを数個合わせればホームベースに帰って確実に1点入ります。それは、着実な前進を意味します。

収入が増えると、投資に回せる余剰資金が生まれ、配当が増え生活が楽になります。

ゴールは、運用益を生み出してくれる元手となる資金をバケツにせっせと貯めることであり、副業を生活の足しにすることではない、という部分に気付けると、消費生活から貯蓄生活へ移行できます。

これが理解できない限りは、健康な体あってのビジネスライフとなってしまい、それはビジネスマンを辞める時期が遠のくということです。

1日24時間と限られた時間の中、如何に稼ぐか?

ダラダラ取り掛かればダラダラした稼ぎにしかなりませんし、精力的に取り掛かれば大きな収益になります。

個人的には、どのようなビジネスも先はわからないため、稼げるときに無理してでも稼ぎ、その反動で休息タイムを取り入れた方が、楽だと思います。

副業で年間100万円の収入が3年続くよりは、1年目300万円稼いで2年目3年目稼げなかった。

という方が、より切り替われるきっかけがあるような気はします。

広告
広告

個人プレイで能力を発揮するプレイヤー

私が手掛けているビジネスは、すべて個人プレーで能力を発揮できるものばかりです。

何かに属していると心のどこかで相手に期待し、逆に期待されているのだと感じるとそれがプレッシャーになる。

それではお互いストレスを感じてしまうので、私は個人プレイヤーの方が働きやすいことに気付いてから、そのフィールドで好んで戦うようになりました。

他者によるストレスも解消されて、優しくなれました。

仕事貰う側としては肩書は必要ですけど、出す側なら必要ないのを自営業者になって様々な業種に鞍替えして感じ取っています。

職場の仲間と共に目標を達成する楽しさを共有できなくなってしまった寂しさはありますが、それ以上にストレス皆無になったのが大きな収穫です。

明日のスケジュールは自分の裁量で決め、すべての仕事は自分が最後まで見守る。

経営者にはなれない性格ですが、投資業で社長クラスの収入を得られています。

つまり、投資を攻略すれば個人でも法人社長クラスの収益またはそれ以上稼げるため、お金持ちになるために無理に人を雇用し、リスクのレバレッジを上げ売上拡大を目指す必要もありません。

金が金を生み、大きな資金があればさほどリスクを取らずに大きな金額を稼げるようになります。

500万円の10%は50万円ですが、5000万円の10%は500万円です。

50万円では生活費で消えてしまう金額ですが、500万円だと使い切るのが難しい金額です。

どちらも同じ10%なのに。

結局、何も行動しないと宝くじでも当たらない限りは生活変わらないため、副業で稼いでコツコツ投資に回し、お金を生むサイクル生活に突入する必要性は誰しもあります。

副業で月5万円稼ぎ、それを年利5%の投資に回す。

10年間で740万円になります(貯金していただけだと600万円)

副業とは別に本職のボーナスも投資に回していれば、総額1000万円は超えます。

10年間で、次のステップへ行ける下準備ができます。

段階的にステップアップを図ることで、計画的にゴールへの道筋が確かなものとなります。

何を目標に生きていますか?

5年後10年後の目標設定なくして、努力の入れ具合が変わるのです。

私も、昨日今日いきなりお金が増えたわけではありません。

副業に取り掛かり収入を増やし、コツコツ投資に回し、どこかで年間あたりの運用益の方が大きくなります。

そこまで膨れると、投資が立派な副業として成り立ってくれるようになります。

リスクなくして金銭的に豊かにはなれませんけど、メリットの方が優る投資というのもあります。

じゃんけんで勝つ確率は1/3ですが、それを1/2・3/4にできるのが投資全般であり、先物取引だったりするのが奥の深い分野で面白い世界でもあります。

知ってますか?先物のヘッジを理解すると、少ない手数料でリスクを限定し、且つ利益は無限大なので圧倒的にお金を増やすのが楽になります。(圧倒的に稼げるのではなく、楽に稼げるという意味)

数学や経済に興味がない方は、人材に投資するのがいいのかな。

その世界に興味ある人へ投資することで、間接的にリターンを得るという意味で。

実社会では、誰もお金の増やし方・稼ぎ方なんて教えてくれませんし、意見交換する場も少ないでしょう。

インフルエンサーとは、発言力のある人の事をいうのだと思いますが、結局あれこれビジネスを展開していくと、行き着くところはインフルエンサーなのかもしれません。

ただし、インフルエンサーが必ずしもNo1な情報を伝えているかと言ったら疑問が残るのが現実。

皆がインフルエンサーを目指すのは、ビジネスに勢いを付けたり有名になって稼ぎたかったり。

つまり、今あるビジネス拡大と現状からの脱却が見えます。

ブログ運営している私が言うのもなんですが、私の場合、今までもこれからも投資業が収益の大半を占めるよう生き残るつもりですから、副業は他人の評価が稼ぎに直結するしない限らず、やってて楽しいことを展開していきます。

そのために今、空き時間を利用して取り掛かっているわけですね。

空き時間と言っても移動時間ですから、土台を作るまでがいつも大変です。

広告
広告
七五三 ひかり

熱しやすく飽きやすい3年単位で仕事を変えているハイブリッドワーカーパパ。3年前に準富裕層の仲間入りしたラッキーマン。シンプルな暮らしこそが孤高だと気付き、チャンスとライフスタイルを紹介しているブログ。

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ