▶▶ネスレ申込みで24000円分購入すると、51000円貰える!やり方公開

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖に泊まってきたレビュー!無料送迎バスで行ってみた。アクセス・朝食・ホテル情報

飛行機

紅葉を見に「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」に泊まってきました。

芦ノ湖目の前にあるホテルなのでアクセス悪い場所にあるんですが、小田原駅から無料送迎バスが出ています。

今回はその無料送迎バスを利用して行ってきました。

1泊2日でしたので、ホテル周辺を観光して時間一杯でしたが、2泊3日なら自家用車またはレンタカーで行った方が良いとは思います。3日間も時間潰せる場所はない感じ。

もちろん、景色を眺めているだけで気持ちいい場所ですけどね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖の場所はどこ?

ホテル名:ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

住所:〒250-0592 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144

平屋の建物が、ザ・プリンス 箱根芦ノ湖です。

初夏・紅葉シーズンに行くのが、最高だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料送迎バスを利用したアクセス方法

東海道本線小田原駅西口からザ・プリンス 箱根芦ノ湖までの無料送迎バス(シャトルバス)が出ています。

最寄駅からタクシーで行っても片道7,000円掛かりますから、送迎バスが安上がり。

改札出て西口の階段降りると、バスロータリーがあります。

小田原駅西口 無料送迎待機場所(青色部分)

宿泊予定者は、事前予約(電話)が必要です。

運行スケジュール

11:3011:4514:0014:3016:1016:4020:40
平日
金曜
土曜/休日

⇒公式ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 無料送迎バス詳細ページ

出発時刻30分前に集合し、乗車時間50分です。

平日に利用しましたが行きは満席、帰りは空きがありました。

早めに到着したため好きな席を確保できましたが、遅れると家族バラバラで座ることになるので注意してください。

年配・外国(アジア・白人)の利用者が多く、日本人は少なめです。

だからと言って車内が騒がしい訳でもなく、道中皆静かにしていました。

まぁ、小田原自体が遠くて皆ちょっとグッタリしてます(笑)

芦ノ湖という場所柄、便が悪い場所にありますから、日本好きな方しかここまで足を運ばないのかもしれません。

座席の広さは、180cmの男性が座っても膝から拳1.5個分の隙間(前の座席と膝の空間)があり、疲れない程度のクッション性があります。確か座席は倒せなかったかな。

バスからの眺め

道中、観光名所などのガイドはなく、皆静かに座り目的地を目指します。

帰りも無料送迎バスを利用する方は、チェックイン時にホテル受付でその旨を伝えて予約(日時・時刻)取ってください。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖のホテルロビーでアーリーチェックイン

通常チェックイン15:00、チェックアウト11:00。

西武プリンスクラブの会員特典を活かすと3時間分時間をズラせるため、入13:00出12:00でお願いしました。

西武プリンス会員の方は、写真右側のマットがひかれているホワイトカウンターで受付を済ませます。

チャックインまで時間がある方は、メインロビーで待っていられます。

メインロビー

この場所でチャペルを挙げる方もいらっしゃるほど、素敵な空間です。

ちょっと芦ノ湖には似つかないエレガントな作りです^^

後で紹介しますが、部屋とは違い劣化が見られなく綺麗にされています。

晴天に恵まれ眺めも最高でした。

ただ、どうしてもガラス窓が多く天井が高いのもあり、ちょっと肌寒かったかな。

お紅茶でも頂ければ最高でしたね。

芦ノ湖周辺を散歩すると「空気が旨い!」。

田舎に住んでいた頃は、田んぼばかりの景色が味気なく退屈で空気が旨いなんて感じたこともありませんでしたが、都心に出てきて空気が綺麗だったことを知る。

都会に住んでいると鼻毛が伸びるわけです(笑)

芦ノ湖・富士山が見えないガーデンビューツインルーム

フロア本館
広さ38㎡
一般料金71,280円
今回料金15,000円

ツーベッドでも十分な広さが確保されています。

40インチTVとデスク・ソファもあり、こじんまりとした空間ですが充分寛げます。

個人的に、ベンチシート的ソファでうたた寝するのが心地良く、買って帰りたいと思った(笑)

テラスでは、雑木林を眺めることになります。

昼間は部屋にいませんし夜はカーテンを閉めるので、レイクビューとガーデンビューとでは料金が違いますから、気にしない方はガーデンビューへ。

私は行かなきゃいけない場所がありましたから、どっちでも。

ベッド脇にコンセントがあり、スマホも充電できます。

USB端子ではないので、そんな時に助かるUSB電源アダプタをいつも持参しています。

この商品は現在取り扱いされていません

部屋から玄関入口を眺めた図

水回りは壁紙が剥がれたりと経年劣化がみられましたが、空気清浄機やエアコンなど設備は充実しています。

歯ブラシ/シャワーキャップ/ヘアブラシ/綿棒/コットン

子供が「歯磨き粉がマズイ」と言ってましたから、お子さんがいらっしゃる方は持参した方がいいかも。一応、どこにでもあるホテル用歯磨き粉(小さいチューブ型)でした。

私はいつも電動歯ブラシを持って行きます。

ブランド物のアメニティ(化粧水)は、ありません。

トイレと浴槽が一体型のユニットバス。

石鹸置きはあるけど、肝心の石鹸がありません。

全自動ではなく、一昔前のお風呂です。

一応、シャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーありますが

使用感がなく、皆温泉に入りに行くのかな。

私も温泉に入りに行きましたが、受付には男女1名ずつスタッフが待機しておりバスタオルが受取れます。

温泉まで若干距離があるのですけど、木目に囲まれ天井高く熱々で気持ちよかったです。

露天風呂もあります。

なぜか外人が立ったまま洗い視界に入るので、それが嫌でしたけど(笑)

西武プリンスクラブ メンバー特典を紹介

ステータスにより様々な特典が付き、今回このようなサービスを受けました。

ウェルカムキット

ドライフルーツをラム酒に漬けた風味豊かなフルーツケーキ

お酒のケーキが用意されていました。

ちょっぴりお酒の香りがするレーズンケーキ。

ミネラルウォーターは、美味しいやつです。

たまにマズイのを置いてあるホテルがありますが、プリンスホテルは美味しいやつです。

西武プリンスクラブ メンバーズラウンジ

専用ラウンジでソフトドリンク&コーヒーを頂けます。

きっと利用する人が少ないのだと思いますが、ジュースが水っぽかったです。

また、素泊まりプランでしたが、朝食を頂けることになりました。

朝食ビュッフェのレビューはこちらで書いています。

ザ・プリンス箱根芦ノ湖1F「レイクサイドグリル」で地元食材を活かした朝食を食べてきた!割引クーポンとお得に泊まる方法も
箱根・芦ノ湖観光したついでに、ザ・プリンス箱根芦ノ湖で朝食を食べてきました。ランチやディナーは2部制(一部11:...

ザ・プリンス箱根芦ノ湖に泊まるには、以下の記事を参考にすると安く泊まれます。

4つ星プリンスホテルに繁忙期に格安で泊まる方法!スイートルームも2万円(2名様分)
繁忙期にホテルを予約すると、通常の2倍~3倍の価格になるのが悩みのタネ。だから、時期をズラして3月12月に旅行へ...

箱根には、芦ノ湖・コテージ・龍宮殿・湯の花など多くの西武グループのプリンスホテルがあり、西武プリンスクラブ会員になると特典でホテルを安く楽しめる裏技が存在します。

宿泊後、感想レビュー

シンプルな作りのホテルで無料送迎バスが満席だったわりには、ホテル内では誰ともすれ違わず、自分のテリトリー内でホテルライクを過ごしたい方にオススメだと思います。

ホテルで長い廊下が続くと、なぜかワクワクが増します。

個人的に旅行先では、他者に邪魔されず静かに過ごしたいのですけど、ザ・プリンス 箱根芦ノ湖内だけで言えば、望みを叶えてくれています。

もちろん、ホテル外(水族館や飲食店)まで足を運んでしまえば、観光客で人が溢れかえっていたのですけど、その割には宿泊者は少ない印象です。

1日2日で芦ノ湖周辺を観光し終わってしまうため、長期宿泊するには「食」に困ってしまう場所だと感じましたが、1泊であれば十分楽しめます。

それでも遊具がないため子連れには難しい場所かもしれませんが、カップル・年配の方には時間を潰せる場所です。

あと、クーポンやら特典やらを使いこなすとかなり旅費を抑えられるため、「安くて楽しめた」という視点では満足です^^たぶん旅費・交通費・お土産で3万円ぐらいだと思います。

それでなくても子供がいると週末は1日1万円ぐらい出費する訳ですから、2日間3万円で食事・温泉・ホテル・お土産楽しめ、洗い物や風呂掃除がないと思えばコスパ良い旅行でした。

ただし、箱根芦ノ湖は大金落とす場所か?と問われたら、そうではないと言えます。

外国人が増えただけで、30年前からさほど変わっていませんから、個人的には数年に1度行けば十分です(笑)

芦ノ湖周辺の「箱根園水族館」「雲助だんご本舗」「カレー&ラーメンハウス麦わら屋」「18:00まで営業の絹引の里」までホテル前から無料巡回バスが出ており、行ってきました。

箱根園水族館を体験してきた【アクセス&割引クーポン&周辺情報】
箱根園水族館のアクセス方法を知りたい割引クーポンがあれば事前に購入しておきたいそのような情報を写真を...
箱根ホテル前にある「雲助だんご本舗」で食べてきた!箱根関所前の箱根名物店
箱根ホテル前に団子で有名な「雲助だんご本舗」があります。箱根旅行するにあたり、雲助だんご目的で行かれる方も多いの...
箱根園にあるカレー&ラーメンハウス「麦わら屋」で食べてきた!なぜ旅先でラーメンを食べるのか?
箱根園水族館へ寄った帰りにカレー&ラーメンハウス「麦わら屋」で昼食を食べてきました。箱根園では「ななかま...
【レオナルド・ディカプリオも行った】元箱根にある「絹引の里」で食べてきた!唯一18:00まで営業
外国人旅行客が増えつつある箱根芦ノ湖。無料巡回バスや外国語表記看板もあり、外国人も来やすい街になりました。そ...

いいね !で
最新情報に更新するよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
七五三 ひかり

ただただ役立つ情報を伝える夏男。本人には極当たり前のことなので喜んだりしない。1年の大半をホテルと空の上で過ごす専業投資家。特技は、悟空の睡魔にも勝てる24時間戦える精神力。でも、よその母ちゃんが握ったおにぎりが苦手。

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ