▶▶ワイモバイル契約で14,500円貰える!違約金払っても無料で乗り換えOK

IPO投資が当選しない!今後の課題と対策方法

株主優待

2017年9月にIPO投資を始めました。

IPO新規公開株取り組み開始!隠されたリターンの良さに惹かれた
私は普段デイトレードで生活費を賄いつつ大家として掃除しに行き、スモールニッチビジネスも展開しているハイブリッド投資家...

現在1年半経過しましたが、これがなかなか当選しないのです。

有名IPO投資家のブログやTwitterを覗くと「今年は年間100万円の利益でした」と呟いているのですが、この差はなんなんだと思うわけです。

そこで現在のIPO投資状況と今後の対策をこれから始めようと思っている方のために、現実を書いておきます。

広告
広告

現在のIPO投資の取り組み方

有名IPO投資家の方々の情報を鵜呑みにして、とりあえず始めています。

広告
広告

利用している証券会社(1年7カ月目)

  1. SBI証券(子供名義含む)
  2. SMBC証券
  3. マネックス証券
  4. 岡三オンライン証券
  5. カブドットコム証券
  6. 松井証券

全証券会社で、夫婦口座で申込み(SBI証券だけは、子供名義もあり)

各証券会社の資金は、平均70万円です。

総額900万円分入金してあります。

※900万円=70万円×13証券(大人2名×6証券+子供1証券)

広告
広告

当選した回数

毎月欠かさず申し込み続けました。


  1. 9143SGHD(1名義)
  2. 9434ソフトバンク(2名義)

計3回当選しました。

しかし、ソフトバンクは当選枚数が多く、申し込めば誰でも当たる状況でした。

それを危惧して辞退しましたが、案の定GD始まりで辞退して良かったという思いもありましたし、純粋に期待できる銘柄は当たらないなといった印象です。

実質、1社9143SGHDしか当選していません。

利益は28,000円です。

広告
広告

補欠当選した回数

  1. 2971エスコンジャパンリート投資法人(2名義)
  2. 4431スマレジ(1名義)
  3. 7062フレアス(1名義)
  4. 7326SBIインシュアランスグループ(2名義)
  5. 9434ソフトバンク(1名義)

補欠当選は、当選ではありません。

当選者が辞退した枠を補欠当選者の中から抽選し繰り上がり当選となりますから、ほぼ繰り上がることありません。そもそも人気新規上場銘柄ともなると、辞退する者がいないのです。

SBI証券の補欠当選結果ばかりですが、他の証券会社では補欠当選すら引っ掛からない状況です。

補欠当選7回ありましたが、実のある利益はゼロでした。

結果をよく確認してもらうとわかるのですが、人気のないIPO銘柄こそ補欠当選&当選しているのが確認できますね。

今後の課題と対策

利益を上げるには、証券口座を増やし申込回数を上げるしかありません。

超有名証券会社からマイナー証券会社までIPOを扱っていますから、手を広げようと思っています。

広告
広告

対策.証券口座を増やす

他にもこれだけの証券会社が存在します。

  1. 野村証券
  2. 大和証券
  3. 楽天証券
  4. ライブスター証券
  5. 東海東京証券
  6. DMM.COM証券
  7. 岡三証券
  8. 丸三証券
  9. 三菱UFJ証券
  10. みずほ証券
  11. 岩井コスモ証券

現在6証券利用し、18カ月間で当選した回数は1回です。

単純計算で、あと11証券追加することで、+2回当選が増える計算になります。

IPO取扱数が少ない証券会社では、同証券内で新規上場銘柄の抽選日が重なることは少ないですから、30万円入金するとして(新規上場銘柄の公募価格は、平均30万円以下)

30万円×11証券×2名義=660万円

計17証券で総額1560万円必要となります。

正直なところ、申込回数に対して当選回数が圧倒的に低いため、当選回数1回も2回も信頼性の低い数字なため、統計データとしては不十分だと感じています。

ただし、100%完全抽選を採用している証券会社では、資金に関係なく100株までしか申し込めないのですから、複数証券会社から応募し母数を増やし当選確率を上げるのは、無駄な作業にはならないでしょう。

課題.資金移動させる

下手に投資するよりはIPO投資した方が、利益率が良いと思って始めました。

ただし、「1560万円も資金が拘束され年利1%(15.6万円)でした」ではお話になりませんから、少ない資金で応募し、利率を上げる必要があります。

つまり、同じ新規上場銘柄でも証券会社により抽選日が異なりますから、資金を移動させ少ない資金で効率よく応募するのです。

今まではそれが面倒臭かったため、証券口座に資金入れっぱで応募し続けていたのですが、そんな大金を寝かせてはおきたくないですから、とりあえず1年間は資金移動させ取り組んでみたいと思っています。

まとめ

IPO投資は儲かる

当選すれば確かに儲かります。

ただし現状は、暇と手間とお金が掛かるシビアなマネーゲームで、根気が要ります。

人によっては、証券口座20社×家族4人でガンガン応募して当選確率上げている方もいます。

そのぐらいやらないと当選しないのかもしれませんが、とりあえず1年やってみますので経過を観察してください。

100万円ぽっちではどうにもならないと思うかもしれませんが、SBI証券だけは抽選に外れるとIPOチャレンジポイントが貯まり、ポイント当選枠が用意されていますからいつか必ず当選する仕組みとなっています。

資金があまりないよ、という方はSBI証券だけ取り組むと良いですよ

学資保険を辞めて、初期費用50万円で15年後350万円受け取れる投資商品に変更したよ
学資保険に加入するメリットとして 返戻率105~110%(イメージ:190万円掛けたら200万円返ってく...

現在190P貯まっています、再来年には50万円~100万円利益が出る人気IPO銘柄当てられます。

広告
広告
七五三 ひかり

熱しやすく飽きやすい3年単位で仕事を変えているハイブリッドワーカーパパ。3年前に準富裕層の仲間入りしたラッキーマン。シンプルな暮らしこそが孤高だと気付き、チャンスとライフスタイルを紹介しているブログ。

フォローしておくとお小遣い情報に気付けるよ
コストゼロライフ